バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルが2019年8月下旬に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルが、2019年8月下旬に発売(順次出荷)されることが任天堂から発表されました。

カラーはこれまでと同じ『Nintendo Switch ネオンブルー・ネオンレッド (HAD-S-KABAA)』『Nintendo Switchグレー (HAD-S-KAAAA)』の2種類。
希望小売価格は各29,980円+税です。

2019年9月27日(金)に発売予定の『Nintendo Switch ドラゴンクエストXI S ロトエディション』も新モデルでの発売となります。

■バッテリー持続時間が長くなった新モデル
バッテリー持続時間:約4.5 – 9.0時間
・遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約5.5時間です。
※目安の時間です。使用状況によって短くなることがあります。

■現行モデル
バッテリー持続時間:約2.5 – 6.5時間
・遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間です。
※目安の時間です。使用状況によって短くなることがあります。

■Switch Lite
バッテリー持続時間:約3.0 – 7.0時間
・遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約4時間です。
※目安の時間です。使用状況によって短くなることがあります。

より詳しい情報は、任天堂公式サイトをチェックしてみてください。
現行モデルとの比較からこちらから見れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク