カプコン・辻本春弘社長「さまざまな条件を考えると、今モンハンワールドをスイッチ向けに出すことは難しい。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月26日に、『モンスターハンター:ワールド』がワールドワイドで発売されました。

発売から3日間で全世界500万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)を達成し、2月9日には全世界600万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)を突破したことが発表されるなど、 カプコン史上最速のペースで売れているゲームになっています。

そんな『モンスターハンター:ワールド』がNintendo Switchに展開される可能性について、カプコンの辻本春弘社長が東洋経済オンラインとのインタビューで言及しています。

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4
カプコン (2018-01-26)
売り上げランキング: 1

――モンハンは昨年任天堂が発売した据え置き機「ニンテンドースイッチ」への展開も期待されています。

そうした需要があるというのは認識している。われわれもすでに携帯機「ニンテンドー3DS」に出した『モンスターハンターダブルクロス』のスイッチ版をすでに発売している。ただ、さまざまな条件を考えると、今モンハンワールドをスイッチ向けに出すことは難しい。スイッチは他の据え置き機とは機能もユーザー層も違うからだ。

ゲーム機にはそれぞれ特色があり、われわれソフトメーカーはそれに適応したソフトを作る必要がある。「モンスターハンター」も含めて、自社の保有するゲームタイトルをどのようにスイッチへ対応させるかが今後の検討課題だ。
情報源:東洋経済オンライン

「さまざまな条件を考えると、今モンハンワールドをスイッチ向けに出すことは難しい。スイッチは他の据え置き機とは機能もユーザー層も違うからだ。」と辻本社長は話しました。
少なくとも、現時点でSwitchでリリースすることは難しいようです。

カプコンはこれまでNintendo Switch向けに、『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』『バイオハザード リベレーションズ』『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』といったソフトをリリースしてきました。

また、昨年日本経済新聞に掲載されたインタビューで辻本社長が「任天堂の過去のゲーム機向けに展開できていないソフトを移植することも考えている。」と述べており、決してSwitchに消極的というわけではありません。
『モンハンワールド』が難しいにせよ、今後もSwitchの特色にあったソフトがリリースされることになるはずです。

スポンサーリンク