Switch版『Claybook』が海外向けとして2019年3月に発売決定!粘土で作られた世界を舞台にしたユニークな物理学ベースのパズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Claybook』が、海外向けとして2019年3月に発売されることがフィンランドの開発スタジオSecond Orderからアナウンスされました。

正式な発売日は不明ですが、今後数週間でより多くのニュースが共有されます。


本作は、粘土で作られた世界を舞台にしたユニークな物理学ベースのパズルゲームです。

ゲームの舞台となるのは、粘土で構築された箱庭空間「Claybook」です。
プレイヤーが操作するのは粘土の塊で、『塊魂』のように粘土を転がしながら各チャプターをクリアしていきます。
粘土はある程度自由に形作ることができ、さまざまな効果が生まれます。

ただ転がして遊ぶだけではなく、パズル的要素も多く含まれていますが、どんなスキルレベルのプレイヤーにも適しています。

友人とのマルチプレイもサポートしており、最大3人の友達と一緒に楽しむことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク