PS4&Xbox One&Switch&PC用ソフト『Vigil: The Longest Night』が海外向けとして2020年初頭に発売決定!『悪魔城ドラキュラ』ライクな横スクロールの2DアクションRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4&Xbox One&Nintendo Switch&PC(Steam)用ソフト『Vigil: The Longest Night』が、海外向けとして2020年初頭に発売されることがパブリッシャーのAnother IndieとデベロッパーのGlass Heart Gamesからアナウンスされました。
(Switch版のみ配信が遅れます)

「BitSummit 7 Spirits」のTwitch番組で「今年中にPCでリリース予定。その後にPS4&Switch&Xbox Oneでもリリースしたい。」と言及されていましたが、正式発表です。

本作は、台湾のデベロッパーGlass Heart Studioによって開発された、ゴア表現を含む横スクロールの2DアクションRPGです。
『Salt and Sanctuary』や『悪魔城ドラキュラ』シリーズなどからインスパイアを受けており、『悪魔城ドラキュラ』のような中世ヨーロッパに時代設定されています。

<主な特徴>
■4種類の武器と、それぞれのタイプの多種多様な武器を試してみてください。
■プレイ方法に合わせたユニークなアイテム。
■台湾文芸と台湾文化の融合。
■光の究極の戦士を創造する、複雑なスキルツリー。
■中国の紙切細工に触発されたユニークなアートスタイル。
■複数の攻撃方法と驚くべき攻撃を行う残忍な敵。
■ひどい洞窟、放棄された村、呪われた森を探検してください。
■レイラの故郷の住人たちが、暗闇のなかで苦しんでいるのをご覧ください。
■悪夢の奥底で恐ろしいボスと戦いましょう。
■解くための複数の結末。
■人気バンドWhisperedの才能あるJouni Valjakkaによる楽曲。

なお、現時点では日本でリリースされるかは不明ですが、BitSummit 7 Spiritsで「リリース時には日本語と英語と中国語を目安にリリースしたい。」と発表されていました。
また、IGN Japanの記事でも似たようなことが伝えられています。

経由:Gematsu