【ランキング】
ゲームブログランキング

『スーパーマリオ オデッセイ』のトレイラーに隠されていた小ネタ(秘密)! あのゲームと密接な関わりが!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンテンドースイッチ向けとして、2017年冬に発売が予定されている『スーパーマリオ オデッセイ』。
1月13日に、本作のトレイラーが公開されましたが、このPVにはちょっとした小ネタ(秘密)が隠されていました。

この都市では、「NEW DONK CITY」という名前があちこちで確認できます。
看板などいたるところで見られることから、この都市の名前が「NEW DONK CITY」という可能性が高いです。
名前の元ネタは、ドンキーコング(DONKEY KONG)からだと思います。
その理由は、この下を見ていけばすぐに分かります。

このお店らしき看板には、「Tiny’s PIROSHKIS」と書かれています。
Tinyとは、ドンキーコング64に登場した「タイニーコング」のことです。
PIROSHKISは、おそらくピロシキ(食べ物)のことで、「テイニーのピロシキ屋」という意味だと思います。

さらにアニマルフレンドからもじった、「スコークスパーク (SQUAWKS PARK)」。
上の看板には、「クランキー(CRANKY)」と書かれていますね。
もちろんクランキーコングのことです。

この看板には、「エクスプレッソ (EXPRESSO)」と書かれています。

この看板には、「ランビ (RANBI)」と「クルール(KROOL)」と書かれています。
※RANBIがちょっと見えにくいですが。

このタクシーにも、「NEW DONK CITY」の文字が!
1981とは、アーケードゲーム用の『ドンキーコング』が発売された年です。

他にもディクシーなど、ドンキーコング関連の名前が数多く確認できます。
GameXplainが動画を投稿してくれていますので、ぜひご視聴ください。
英語ですが、ドンキーコングシリーズのファンの方なら意味が何となく分かると思います。

これらの隠された文字は、日本のトレイラーでも確認できます。

マリオとドンキーコングは、元祖『ドンキーコング』以来長い付き合いがあります。
そういった意味でファンサービス的に、「ドンキーコング」要素を入れているのかもしれません。

ちなみに、『スーパーマリオ オデッセイ』では色とりどりの野菜の国も登場します。
野菜を引っこ抜くマリオは、まるでスーパーマリオUSAです。


スーパーマリオUSA
スーパーマリオUSA

こうして考えてみると、『スーパーマリオ オデッセイ』のステージは、マリオと関係の深いものが元ネタなのかもしれません。

Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
© Nintendo

マリオカート8 デラックスを予約する

マリオカート8 デラックス
マリオカート8 デラックス

Joy-Conハンドル 2個セット
Joy-Conハンドル 2個セット