『MOTHER』別注モデルのG-SHOCKが発売決定!2022年1月20日より抽選販売開始に

スポンサーリンク


ほぼ日MOTHERプロジェクトより、『MOTHER』別注モデルのG-SHOCKの発売が決定したことがほぼ日から発表されました。

お届け予定は2022年2月上旬で、価格は23,100円(税込)。
2022年1月20日より、同プロジェクトのウェブショップにて抽選販売開始になるとのことです。

以下、ほぼ日のプレスリリースより。

RPG『MOTHER』別注モデルのG-SHOCK、2022年1月20日(木)より抽選販売。

1983年に発売され、その頑強さと機能美から、世界中で世代を超えて支持されている腕時計、G-SHOCK。その『MOTHER』別注モデルが発売されます。今回、RPG『MOTHER』別注モデルのベースとなるのは2012年にリリースされた「GW-5610U」。優れた機能はそのままに文字盤に『MOTHER』のロゴと「SMAAAASH!!」のドット文字をプリント。カラーリングはもとのロゴと同じゴールドとブルーを採用しました。2022年1月20日(木)午前11時よりほぼ日MOTHERプロジェクトのウェブショップにて、抽選にて販売します。

本商品については https://www.1101.com/n/s/mother_project/gshock/index.html にてご覧いただけます。本日、予告の動画を公開しましたので、ぜひあわせてご覧ください。

商品の詳細ついて


ほぼ日MOTHERプロジェクトがCASIOのスタッフのみなさんと相談を重ね、別注のベースに選んだのは2012年にリリースされた「GW-5610U」です。GW-5610UはG-SHOCKのひとつの完成形ともいえるモデルで、デザインはG-SHOCKの原点ともいえるファーストモデル(通称スピードモデル)のスクエアフェイスを踏襲し、モジュールの機能として、世界6局の標準電波を受信し時刻を自動修正する「マルチバンド6」と、蛍光灯などの光でも動力に変換する「タフソーラー」を搭載しています。

今回、リリースとなる『MOTHER』別注モデルのG-SHOCKは、「GW-5610U」の優れた機能はそのままに、文字盤に『MOTHER』のロゴと「SMAAAASH!!」のドット文字をプリント。カラーリングはもとのロゴと同じゴールドとブルーを採用しました。そして裏蓋には、『MOTHER』シリーズのロゴにつねにつかわれているアースマークを刻印。ほぼ日MOTHERプロジェクトでもシンボルにつかっているマークです。G-SHOCKを格納する缶ケースは『MOTHER』のシンボルカラーであるレッドの特別仕様。上蓋には『MOTHER』のロゴをプリントしました。

●販売方法:2022年1月20日(木)午前11時から1月27日(木)午前11時までほぼ日MOTHERプロジェクトのウェブショップ https://www.1101.com/mother_project/ にて抽選販売の申込みを受付。(限定生産品です。再販売はありません)
●お届け予定:2022年2月上旬(予定)
●価格:23,100円(税込)
●サンプルをご覧いただけます:渋谷PARCO8Fのほぼ日曜日で開催中の「どせいさんのおみせ」では2021年12月21日~2022年1月16日まで、TOBICHI(東京、京都)では2021年12月21日~2022年1月26日まで、店頭にてサンプルをご覧いただけます。

OFFICIAL TRAILER MOTHER × G-SHOCK 本日公開

©SHIGESATO ITOI / Nintendo ©HOBONICHI