ドイツではNintendo Switchの品薄は深刻ではない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、日本国内では未だに品薄が続いています。

ネットではどこも在庫切れになっていて、入荷されても数分で売り切れてしまいます。
店頭でも同様で、入荷されてもすぐに売り切れてしまいます。

しかし、ドイツでは日本ほどNintendo Switchの品薄は深刻ではないようです。
ゲーム情報サイトGame*Sparkが、ドイツのゲームショップ事情を調査してくれました。


出典::Game*Spark

ドイツのゲームショップでは、このようにNintendo Switch本体が普通に手に入れることができるようです。
全てのゲームショップや地域ではないかもしれませんが、日本ではまず見かけない光景です。

店員にSwitchの人気について聞いたところ、「ニンテンドースイッチはドイツでも人気です。ですが品薄になるほどではありません」という回答をもらったそうで、決して人気がないわけではないようです。
販売価格は330ユーロ(約43,800円)で、日本よりもおよそ10,000円ほど高いですが、ドイツの物価自体が日本よりも多少高いそうなので、現地の人はそれほど気にならない様子とのことです。

日本の品薄ぶりを見ると、ちょっと複雑な気持ちになってしまいますね。
1日でも早く、日本でもこのような光景(品薄にならないくらい在庫がたくさんある状態)を見たいです。

情報源:Game*Spark

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク