J-CASTがNintendo Switchのゲームカードが苦い理由について取材。 任天堂の回答は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switchのゲームカードには苦味成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られている。というニュースを先日紹介しました。

ゲームカードが苦い理由について、米任天堂は「幼児による誤飲の可能性を避けるため、ゲームカードに苦味物質を塗布した。」と、Kotakuに説明したそうです。
もちろん舐めても害は全くありません。

任天堂の公式サポートページにも、下記のように掲載されています。

Q.ゲームカードをさわった手をなめたら、苦い変な味がしました。健康に害はありませんか?

A.健康に害はありませんのでご安心ください。
Nintendo Switchのゲームカードには、苦み成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られています。

ゲームカードが苦い理由について、J-CASTヘルスケアも任天堂に取材を行ったそうです。
以下、J-CASTヘルスケアより。

塗布している目的や、デナトニウムベンゾエイトを選んだ理由について、J-CASTヘルスケアは任天堂に電話で取材を試みた。担当者は、サポートページの内容以外にコメントはないとのことで、

「ゲームカードは小さいお子さまの手の届かないところに置いていただき、ゲームを楽しんでいただければと思います」

とだけ話した。
情報源:J-CASTヘルスケア

任天堂の回答は、「ゲームカードは小さいお子さまの手の届かないところに置いていただき、ゲームを楽しんでいただければと思います」だったようです。

苦味成分が塗ってあるからといって、小さな子供の近くには置かないほうにしたほうが良いと思います。

Nintendo Switchを購入する

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

スポンサーリンク