【ファミ通調べ】2018年3月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!『ゼルダの伝説 BotW』は2機種合計100万本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年3月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2018年2月26日~2018年3月25日(4週分)

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:星のカービィ スターアライズ(Switch)/ 任天堂 / 317,961本
2位:北斗が如く(PS4)/ セガゲームス / 155,378本
3位:スプラトゥーン2(Switch)/ 任天堂 / 92,362本
4位:モンスターハンター:ワールド(PS4)/ カプコン / 88,389本
5位:マリオカート8 デラックス(Switch)/ 任天堂 / 55,410本

ソフトの月間売り上げ本数では、3月16日に発売された『星のカービィ スターアライズ』が317,961本を販売し、初登場1位になりました。

また、Nintendo Switchのローンチタイトルとして発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、発売から13ヵ月でNintendo Switch版とWii U版の2機種合計で100万本達成となっています。
参考までに、3月25日までのファミ通調べによる販売本数はSwitch版が87万0895本としていて、残りがWii U版ということになります。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド [Wii U]
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 314
【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch / 188,951台
(先月1位 プレイステーション4(合計)264,042台)
2位:プレイステーション4(合計) / 93,186台
(先月2位 Nintendo Switch171,988台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

「Nitendo Switch本体」188,951台を販売して、3ヵ月ぶりに首位になりました。

『スプラトゥーン2セット』の再販が行われたり、『星のカービィ スターアライズ』が発売された影響もあり、Switchが順調に販売台数を伸ばしています。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂 / 68.2万本
2位:セガゲームス / 22.1万本
3位:コーエーテクモゲームス / 15.3万本