【ファミ通調べ】2017年10月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年9月25日~2017年10月29日(5週分)

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位: スーパーマリオ オデッセイ(Switch)任天堂 511,625本
2位: グランツーリスモSPORT(PS4)SIEJA 153,647本
3位: 英雄伝説 閃の軌跡III(PS4)日本ファルコム 121,195本
4位: スプラトゥーン2(Switch)任天堂 101,387本
5位: FIFA18(PS4)エレクトロニック・アーツ 85,156本
※SIEJA=ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

ソフトの月間売り上げ本数では、10月27日に発売された『スーパーマリオ オデッセイ』が511,625本を販売し、ランキング1位になりました。

1996年以降に発売されたすべての「マリオ」関連タイトルにおいて、歴代4位という好調なスタートを切っています。
また、先日もお伝えしたように、北米やヨーロッパでは『スーパーマリオ オデッセイ』がマリオシリーズで史上最速の売り上げを記録しています。

スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位: Nintendo Switch 307,138台
(先月1位 Nintendo Switch 168,810台)
2位: プレイステーション4(合計)144,578台
(先月2位 プレイステーション4(合計) 114,630台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

Nitendo Switch本体は、307,138台という販売台数になりました。
『スーパーマリオ オデッセイ』発売週に本体の大量出荷があったため、先月から倍近く販売台数が増えました。
そして、Switch本体の累計販売台数は発売から約8ヵ月で200万台を突破しています。

10月5日に発売した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』は、約46.5万台を販売しました。
販売台数だけで見れば、Switchよりも上でした。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位: 任天堂 91.6万本
2位: ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 23.5万本
3位: スクウェア・エニックス 18.0万本

先月に引き続き、任天堂が1位のメーカーになりました。

スポンサーリンク