【ファミ通調べ】2017年11月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年10月30日~2017年11月26日(4週分)

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
※発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』(3DS)ポケモン/1,445,231本
2位:『スーパーマリオ オデッセイ』(Switch)任天堂/308,188本
3位:『コール オブ デューティ ワールドウォーII』(PS4)SIEJA/292,558本
4位:『スプラトゥーン2』(Switch)任天堂/88,836本
5位:『マリオカート8 デラックス』(Switch)任天堂/66,897本
※SIEJA=ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

ソフトの月間売り上げ本数では、11月17日に発売された『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンが1,445,231本を販売し、ランキング1位になりました。
2017年の年間ソフトランキングでも上位に入ることは確実とのこと。
このソフトのおかげで、「家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数」では株式会社ポケモンが146.3万本を販売し、1位になっています。

前月首位だったNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』は、今月に308,188本を販売し2位になりました。
累計販売本数も80万本を超え、年内には100万本に到達する勢いとなっています。

4位と5位にも任天堂タイトルが入るなど、非常に強さを見せています。

スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch/372,619台
(先月1位 Nintendo Switch/307,138台)
2位: プレイステーション4(合計)/121,272台
(先月2位 プレイステーション4(合計)/144,578台)
※プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります

Nitendo Switch本体は、372,619台という販売台数になりました。
『スーパーマリオ オデッセイ』発売週の先月よりもさらに多くの本体が販売されたことになります。
着実にSwitchが増産されていってるようですね。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:ポケモン/146.3万本
2位:任天堂/66.4万本
3位:ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/34.1万本

スポンサーリンク