【ファミ通調べ】2017年7月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年6月26日~2017年7月30日 (5週分)

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3DS) スクウェア・エニックス 1,130,468本
2位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4) スクウェア・エニックス 950,338本
3位:スプラトゥーン2(Switch) 任天堂 800,394本
4位:GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス)(PS4) バンダイナムコエンターテインメント 145,161本
5位:ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ(PS4) スクウェア・エニックス 124,874本

ソフトの月間売り上げ本数では、7月29日に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が1位と2位に輝いてます。

そして、3位には7月21日に発売された『スプラトゥーン2』がランクインしてます。
本体がまだまだ品薄で、本体の在庫が充実していれば100万本はいけたかもしれませんね。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位: Nintendo Switch 294,311台(先月1位 Nintendo Switch 129,971台)
2位: ニンテンドー3DS(合計) 227,349台(先月2位 プレイステーション4(合計)92,410台)
(ニンテンドー3DSは、Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DS、Newニンテンドー2DS LLの合計値になります)

Nitendo Switch本体は、294,311台という販売台数になりました。
6月の129,971台から、倍以上の数字になっています。

7月~8月は6月よりも本体の出荷量増やすと任天堂が発表しているので、8月も引き続き本体の出荷量が増えると予想されます。
8月28日には『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が販売されるので、この頃に一気に増えてきそうです。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位: スクウェア・エニックス 227.0万本
2位: 任天堂 118.7万本
3位: バンダイナムコエンターテインメント 21.5万本

総括
やはり何といっても『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』でしょう。
2日間の集計期間で、3DS版は113.0万本、PS4版は95.0万本を売り上げ、2機種合計の販売本数は208.1万本に達しました。
また、スクウェア・エニックスの発表で、ソフトの出荷本数とダウンロード版の販売本数が合計で300万本突破したことも発表されています。

『スプラトゥーン2』は、月間80.0万本を販売し、発売からわずか10日間でSwitchソフトで過去最高の累計販売本数を記録しています。
前作『スプラトゥーン』(任天堂/2015年5月28日発売/Wii U)は累計で151.5万本を販売していますが、これを上回る勢いとのこと。

3ヵ月ぶりに月間2位となったニンテンドー3DSは、4機種合計で22.7万台を販売しました。
この内、新モデルのNewニンテンドー2DS LL(7月13日発売)が15.3万台を占めています。

Nintendo Switch本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド