『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の全世界出荷・ダウンロード販売本数が400万本を突破!

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の全世界におけるパッケージ出荷とダウンロード販売本数の合計が、、400万本を突破したことがスクウェア・エニックスから発表されました。
400万本突破を記念して、ダウンロード版を対象とした感謝セールも開催されています。

参考までに、メディアクリエイト調べによる3DS版の販売本数は2017年10月15日までのデータで1,741,582本、PS4版の販売本数は2017年9月24日までのデータで1,347,582本となっており、パッケージ版だけでも国内で300万本万以上を販売したことになります。

以下、メーカーのリリースより。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」全世界出荷・ダウンロード販売本数が400万本を突破

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)はシリーズ最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の全世界におけるパッケージ出荷とダウンロード販売本数の合計が、400万本を突破したことをお知らせいたします。

2017年7月29日に発売された「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(日本語版)は、見渡す限りの世界を美しく描くPlayStation®4版と、ドットで描かれる2Dモードと3Dモードを切り替えて遊ぶことができるニンテンドー3DS™版という、それぞれ特徴を持つ2つの機種に対応し“懐かしさ”と“新しさ”を兼ね備えたシリーズの“新たなる原点”としてリリースされました。

以降、2017年11月11日に台湾、香港をはじめとしたアジア地域向け繁体字版※1、さらに、2018年9月4日に英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、韓国語版※2が各々リリースされ、日本を代表するRPGシリーズの傑作の一つとして、現在も全世界のユーザーの皆様より高い評価をいただいています。

※1 対応機種:PlayStation 4
※2 対応機種:英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語版はPlayStation 4、PC(Steam)/韓国語版はPlayStation 4のみ

<商品概要>
タイトル:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」
ジャンル:RPG(ロールプレイングゲーム)
対応機種:PlayStation 4、ニンテンドー3DS(日本語版)
プレイ人数:1人
発売日:2017年7月29日(土)(日本語版)
CERO:A(全年齢対象)
公式サイト:http://www.dq11.jp/
© 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

■全世界累計400万本突破記念セールを実施
全世界の累計出荷・ダウンロード販売本数400万本突破を記念し、11月16日(金)より日本国内ではPlayStation 4版、ニンテンドー3DS版のダウンロード版を対象とした感謝セールを実施いたします。ぜひこの機会に本作の冒険をお楽しみください。
●セール期間:2018年11月16日(金)から2018年11月25日(日)まで(予定)
●対象商品:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」ダウンロード版(日本語版)
● 取り扱い:PlayStation™Store、ニンテンドーeショップ
– パッケージ版、ダウンロードカード、およびダウンロードコード版は対象外です。
– セールの開始時刻は、プラットフォーマーによって異なります。
– セール価格は各ストアにて確認ください。

■「ドラゴンクエスト」シリーズについて
「ドラゴンクエスト」シリーズは、1986年に発売されたファミリーコンピュータ向けソフト「ドラゴンクエスト」から、2012年に発売された「ドラゴンクエストX」まで、一貫した王道のRPGの世界観を守っていく一方で、3Dマップの採用、ワイヤレス通信を使った「すれちがい機能」の搭載、オンライン対応、クラウドプレイの対応など、それぞれのタイトルで時代に即した技術を用いた新しい遊びの創造に挑戦をしているタイトルでもあります。
また、本編作品(I~XI)のほか、モンスターの育成・対戦要素に特化した「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズ、リアルな表現でキャラクター達を自在に操るアクションRPGである、「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズなど数多くのタイトルが発売され、全世界でシリーズ累計7,600万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成しています。

情報源:スクウェア・エニックス