東方二次創作ゲーム『東方幻想麻雀』のSwitch版が発売決定!例大祭「Play,Doujin!出張所」で試遊展示されることも発表に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同人サークル「D.N.A.Softwares」が、Play,Doujin!に参加することが発表されました。
それに合わせて、東方二次創作ゲーム『東方幻想麻雀』がNintendo Switchに登場することがアナウンスされています。

発売日は2019年秋が予定されています。

本作は、サークル「D.N.A.Softwares」によって開発されている東方のオールスターバラエティ麻雀ゲームです。
キャッチコピーは「そんなことより麻雀やろうぜ!」

もともとは『第6回博麗神社例大祭』にて配布されたゲームで、現在までに複数のシリーズタイトルがリリースされています。

Switch版についてはあまり多くの情報は発表されていませんが、公式サイトはオープンしています。
公式サイトには、「あらためまして、麻雀やろうぜ!」というキャッチコピーも。

<公式サイト>
https://thmj.dna-softwares.com/

『東方幻想麻雀』は、2019年5月5日開催の第十六回 博麗神社例大祭「Play,Doujin!出張所」に試遊展示される予定です。

ローカル4人対戦を体験でき、使用可能キャラは画像の6キャラの予定。
チルノも試遊可能とのこと。

スポンサーリンク