『斬妖Raksasi』がPS4&Switch&PC向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『斬妖Raksasi』が、PS4&Nintendo Switch&PC向けとして発売されることが本日放送された「INDIE Live Expo 2020」でアナウンスされました。

本作は、キャラの位置関係と攻撃のタイミングが重要なバトルシステムが特徴のタイトルです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

「斬妖Raksasi」はRoguelikeの要素を含む立ち回り重視の2Dトップダウンビューのアクションゲーム。
様々なアイテムやアーティファクトと組み合わせて様々な近接武器を使用することができます。このゲームの特徴は、キャラの位置関係と攻撃のタイミングが重要なバトルシステムです。

『斬妖Raksasi』はRoguelike要素を持つ俯瞰視点のダンジョンACTです。
戦闘はダークソウルっぽくてハードコアなスタイルに偏り、そして移りと攻撃距離、タイミングの把握を重視します。あなたはこの呪われた世界で自分の道を見つけるためにこれらを習得する必要があります。

■6人のヒロインたちによる殺戮の旅
・白神ふさ子:不老不死の神族の遺民、武器:薙刀
・鬼塚茉芸:人間に恋に落ちる魔族の嬢様、武器:長矛
・関陽菜:気性の激しい暴力少女、武器:大槌
・雨無冴:影の中を歩く混血児、武器:双刃
・穆佐菫:一族皆殺しにされた名将の遺子、武器:盾と刀
・桐ヶ谷風音:組織を裏切って逃げ出した緑林の女王、武器:鎖鎌

開発チームは6人のヒロイン、6つのシリーズの37本の武器を丁寧に作り上げました。
それぞれの武器には独特の操作と戦闘体験があります。今後も、このゲームはコンテンツを拡充していきますので、お楽しみにしていてください。
 
■Rogueliteな輪廻の試練
辺境の領土が互いに争わており、戦争が絶えず、各地で天災人災と反乱が起こり、妖異が暴動を起こして民衆を害し、魔物が反撃の時機を待っています。この荒廃した土地には、暗闇を取り除き、世界に光を届けたい人々のグループがいます。彼らは、輪廻の試練を創造して、選ばれた者に輪廻中で世界を救う鍵を見つけさせます。
このゲームはRoguelike要素を持ちます。プレイヤーは、ランダムに生成されたレベルマップで、異なる敵に直面し、異なる秘宝を拾い、ゲームに無限のバリエーションを与え、毎回新鮮で楽しい体験を持っています。現在、ゲームには、6つのチャプター、150種類の敵、180つの秘宝が含めています。今後もさらに拡充されます。
シンプルで挑戦的な ACT
敵を大量に殺すACTとは異なり、『斬妖Raksasi』はシンプルな戦闘スタイルで移りと攻撃距離、タイミングの把握を重視します。プレイヤーは自分の武器を熟知し、敵の行動パターンを把握し、すべての攻撃に慎重に対処する必要があります。うまく対処すれば敵に致命傷を与え、さもなければ死亡が常態となります。落胆しないでください。死んでも強くなるだけで、止めるものは何もありません。