東方二次創作ゲーム『東方幻想麻雀』の最新情報が「Play,Doujin! 博麗神社例大祭直前生放送」で公開!2019年秋を目指して開発中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日5月3日に放送された「Play,Doujin! 博麗神社例大祭直前生放送」で、Nintendo Switch向けに開発されている東方二次創作の麻雀ゲーム『東方幻想麻雀』の最新情報が公開されました。

ジャンルは、紅魔郷~天空璋の登場キャラだいたい110キャラクターぐらいが麻雀で対決する「東方Projectだいたいオールスター・バラエティ麻雀ゲーム」

・インターネットを使用したオンライン対戦
・Switchならではの無線を使ったローカル対戦
・一人で遊ぶシングル戦
などを搭載予定。

その他にも、普通では遊べないルールの対局もある・・・?

5月5日開催の第十六回 博麗神社例大祭の試遊会で遊べる6キャラクターがこちら。
ちなみに、右のカットはゲームからの直接のキャプチャー。
能力の説明は1回目だけ出るようになっており、2回目以降はすぐに消える。キャラクターが多い(110ぐらい)ので、このように能力を分かりやすくした。





例大祭の試遊会では、4人のローカル対戦ができるかも。(多分)
Switchを当日4台して、ローカル対戦で遊べるようにしたい。
一人目が抜けても、残りのプレイヤーでゲームが継続できるような仕組みを作っている最中。

動いている画面は例大祭まで遊びにきてチェックしてください。とのこと。

発売日については、「できれば2019年秋に出したい。」
「これからパッケージを作るかい?」というような話もしている。

スポンサーリンク