Switch用ソフト『The Church in the Darkness』が2019年10月3日に配信決定!カルト集団へ潜入する緊迫のトップダウン型ステルスアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『The Church in the Darkness』が、2019年10月3日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,980円(税込)ですが、2019年10月2日 23:59までは割引価格の1,584円(税込)で購入することができます。

本作は、海外スタジオParanoid Productionsによって開発された、カルト集団へ潜入する緊迫のトップダウン型ステルスアクションゲームです。

物語の舞台となるのは、1970年代のアメリカです。
あなたの甥はカルト集団に入信し、南米のジャングルへ移住して“フリーダムタウン”を作り上げました。
そこに潜入し、何が起きているのかを探り、甥を連れ戻すのかどうかの選択をしましょう。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

その理想郷が辿りつく未来は…
カルト集団へ潜入する緊迫のステルスアクション

――1970年代、アメリカ。

カリスマ的な指導者「アイザック」と「レベッカ」は、人々に差別撤廃や平等の必要性を説いていた。
しかし、アメリカ合衆国からの迫害を恐れ、500人の信徒を連れて南米のジャングルへと移住。
その地で社会主義的な理想郷を作ることを目指したのだ。

あなたは、その信徒として移住した甥の「アレックス」の安否を確認するためにジャングルへ単身で潜入することとなる。
「フリーダムタウン」と呼ばれる町で一体何が起きているのか、彼らは単なるカルト集団なのか、それとも、もっと別の何かなのか…。

さまざまな思惑が渦巻く町で、真実を追い求めよ。

『The Church in the Darkness』は、自分の行動次第で物語が変化していく緊張感あふれるステルスアクションゲームだ。

<ゲームの特徴>
◆カルト集団の真実を探れ
町で出会う人々や、探索で発見できる文書や手紙から謎多きフリーダムタウンの真の姿が見えてくる。
行方知れずとなったアレックスを探しながら、理想郷と呼ばれる土地に秘められた謎に迫ろう。

◆自身の決断でストーリーが変化する
さまざまな物語が展開するマルチエンディングシステムを採用。
フリーダムタウンでは誰も傷つけずに行動することもできれば、あなたの道を阻む者たちを排除しながら進むことも可能だ。
すべての選択の先に行きつく結末を見届けよ。

スポンサーリンク