エース経済研究所安田氏「Switchは10月-12月期で700万台売れる」と予想。「需要は1000万台以上だが出荷が追いつかない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エース経済研究所のアナリスト安田氏が、「Nintendo Switchは10月-12月期で700万台売れる。」と予想を立てているようです。
「需要は1000万台以上だが出荷が追いつかない」とも述べており、700万台以上の期待値を持っているようです。

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterより。

この強気な予想は、Takashiさんが知る限り、上から3番目の数字になっているとのこと。

世界的な品薄により、「Nintendo Switch本体」増産(2017年度の出荷台数を1,000万台から1,400万台に上方修正。毎月160万台のペースで本体の出荷を計画)することを任天堂が発表していますが、ホリデーシーズン(年末~年始)はゲームがよく売れる時期のため、それでも足りない可能性が高いようですね。
1台でも多くの本体を出荷してくれることを祈ります。