Nintendo TOKYOで実施されているSwitchの抽選販売について任天堂広報が抽選販売を行った理由についてコメント

スポンサーリンク

テレ朝newsが、再び品薄状態に突入しているNintendo Switchについて特集を行いました。

※埋め込み動画は、ANNnewsCH公式のものです。

その中で、ホビー通販あみあみに対して「家電量販店などでも軒並み商品がなくなった理由」への取材を行い、広報PR室総括から以下のような回答をもらっています。
「コロナによる“おうち需要”の高まり。これが最大の要因かとは思います。どうぶつの森って人気タイトルが去年の3月に発売されてやっぱり、それの需要がものすごく上がってかなり長い期間、そんなに落ちずに売り上げが続いている状況ですね」

また、Nintendo TOKYOは4月13日から『Switch ネオンブルー・ネオンレッド』『Switch グレー』のWeb抽選予約販売を行っていますが、これに対しても任天堂広報からコメントをもらってます。
「Nintendo Switchをお求めのお客様に公平に販売するためにNintendo TOKYOでは以前からWEB抽選販売を行ってきております。出荷以上の強い需要を頂いており、一部の流通店舗で品切れが発生する可能性がありますので引き続き継続的な生産と出荷に努めたいと考えております」

『出荷以上の強い需要を頂いており、一部の流通店舗で品切れが発生する可能性がありますので引き続き継続的な生産と出荷に努めたいと考えております』とのこと。

以前もお伝えしたように、Switchの生産状況について「当面の生産分に必要な部材が確保できているものの、日本などは年明け以降も需要が非常に旺盛で、今後に一部の小売店で品薄になる可能性がある」という任天堂・古川社長の話もあるため、もうしばらくは品薄状態が続いていくことになりそうです。