「Nintendo Switch」の販売スピードがWiiを上回り、米国の歴史の中で最も売れたゲーム機になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年3月3日に発売された「Nintendo Switch」の販売スピードが「Wii」を上回り、米国の歴史の中で同期間で最も売れたゲーム機になったことが任天堂から発表されました。

2017年3月3日の発売から12月31日までの約10ヶ月間で、「Nintendo Switch」は480万台以上を販売しています。
これまでの記録保持者は、同期間に400万台以上を販売した「Wii」でした。

ゲームの強力なラインナップは、Nintendo Switchの勢いを加速させ続けています。
米国ではNintendo Switchの所有者の60%以上が『スーパーマリオ オデッセイ』を、55%以上が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を、50%以上が『マリオカート8 デラックス』を、20%以上が『スプラトゥーン2』を購入しました。

また、サードパーティが開発した300以上のゲームソフトがNintendo Switch用に発売されています。
EAの『FIFA 18』、Ubisoftの『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』と『JustDance 2018』、Mojangの『Minecraft: Nintendo Switch Edition』、Rockstar Gamesの『LA Noire』、2K Gamesの『NBA 2K18』、SEGAの『ソニックマニア』、 カプコンの『ウルトラストリートファイターII』、Psyonixの『ロケットリーグ』、Bethesdaの『Elder Scrolls V:Skyrim』と『DOOM』など数多くのタイトルが発売され、開発者から強く支持されています。

Nintendo Switchでは今後、『星のカービィ スターアライズ』『Bayonetta 1&2』『ヨッシー for Nintendo Switch』などのゲームが発売される予定です。
また、EA、Activision、Ubisoft、カプコン、SEGA、Take 2とBethesdaなどの大手パブリッシャーと、インディーズゲーム開発者からの強力なサポートもあります。

「全国のファンが家庭でも外出先でも好きなゲームを楽しむことができました。」
「今年はもっと多くの人々がSwitch本体を手に入れているので、2018年以降は新しい驚きをもたらすことを楽しみにしています。」と米任天堂のレジー・フィサメィ社長が述べています。

情報源:Nintendo

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク