Switch版『雷電V Director’s Cut』が海外向けとして2019年6月に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さまざまな形でされていたNintendo Switch版『雷電V Director’s Cut』ですが、海外向けとして2019年6月に発売されることが発表されました。
これはサプライチェーンからの情報によるものです。
経由:Nintendo Soup

Switchバージョンはローカルマルチプレイによる最大2人プレイをサポートし、英語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語に対応します。

また、パッケージにはオリジナルのサウンドトラックCDが同梱される予定です。

<主な特徴>
■1~2人のプレイヤーをサポート(オフライン)
■新しい機体がシステムを壊す(ヘルスバーを使用し、命がない。)
■それぞれ防御、機動性、付属武器が違う特徴ある機体
■短時間付属の武器を使用できる新種のチアアタック
■雷電シリーズで初めての声によるアクション
■ディレクターズカット限定の特別なボスレベル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク