一人称視点のダンジョン探索FPS『One More Dungeon』の国内配信日が12月21日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『One More Dungeon』の国内配信日が、2017年12月21日に決定しました。
販売価格は999円(税込)です。

本作は、ドット絵による一人称視点のダンジョン探索FPSです。

90年代のようなオールドスクールのFPSと、ローグライク要素を組み合わせたものになっていて、自動生成されるダンジョンに挑むことになります。
30種類以上の敵と80以上のアイテムなどを特徴としています。

ピクセルアートのグラフィックは懐かしさを感じるものに!

もちろん日本語にも対応!
日本での販売元はレイニーフロッグです。
テレビ/テーブル/携帯モードに対応しているので、場所を選ばずにじっくりとダンジョン探索できます。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

地下世界に蠢く敵を倒せ!
自動生成されるダンジョンに挑む3DアクションRPG!

ここは不気味な生き物が生息するダンジョン。
その最深部には、世界征服を目論む悪の集団が使用していた「オベリスク」があるという。プレイヤーは冒険家となり、その破壊を目指します。

右手には、接近戦に有効な鉄の剣や斧、ダガーを、左手には、遠くの敵に有効な氷や毒、風の杖を装備し、次々と襲いかかるコウモリやヴァンパイア、スカルを倒し、探索を続けます。
炎や氷で埋め尽くされた所や、花火が炸裂したり、強制フリーズする各階層の最後にはボスが待ち受けます。
彼らを倒すと、次の階層に進むことのできる印章を手にいれることができます。
もし途中でゲームオーバーになっても、「変異」と呼ばれるアイテムで、武器や防具、魔法を強化し、再チャレンジが可能です。
プレイする度にダンジョンは自動生成されますので、毎回異なるレイアウトでゲームをお楽しみ頂けます。
オールドットで表現されたクラシックスタイルのアクションRPGです。

紹介映像もあります。

©2017 Stately Snail. ©2017 Ratalaika Games S.L. Licensed to and published by Rainy Frog LLC.

スポンサーリンク