Nintendo Switchのサイズにぴったりなゲーム機対応ポータブルプロジェクター「OJOプロジェクター」のクラウドファンディングが日本でもスタート!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年3月20日(火)より約1ヶ月間、クラウドファンディング支援サイト「Makuake」にてNintendo Switchのサイズにぴったりなゲーム機対応ポータブルプロジェクター「OJOプロジェクター」のクラウドファンディングキャンペーンが開始されました。

本商品は、アメリカのクラウドファンディングIndiegogoで約3,000万円を調達して製品化されたSwitchに対応したプロジェクターです。

ついに日本でもクラウドファンディングが開始となりましたが、すでにたくさんの支援が集まっています。
台数限定のコースもあるため、気になっていた方は早めに支援ページをチェックしてみてください。
Makuake

以下、本商品の紹介映像と概要です。

OJOの紹介映像

スポンサーリンク

概要


2017年の国内家庭用ゲーム市場規模は3917.5億円と言われ、その勢いは衰えることを知りません。

「PS4」「Nintendo Switch」「Xbox One」などの、据え置き型ゲーム機。
「ニンテンドー3DS」「PS VITA」などの、携帯型ゲーム機。

様々なタイプのゲーム機が登場し、楽しみ方も増えました。
ゲームは個別にプレイしても楽しいですが、家族や仲間内でワイワイと遊ぶのも格別なもの。

これらを全て解決するのが、任天堂スイッチのサイズにぴったりな、ゲーム機対応ポータブルプロジェクター「OJOプロジェクター」です。

OJOプロジェクターは、いつでもどこでも大画面でプレイが可能。
テレビがない所でも、テレビより大きな画面で遊べます。

「OJOプロジェクター」の重さはiPad Proと同じくらいの、わずか800g。
コンパクトで持ち運びも楽々。友人宅にも簡単に持ち運びができます。

使い方はいたって簡単!
スイッチ本体を「OJOプロジェクター」にセットしスイッチをオン。
左右のコントローラーをグリップに取り付けスタンバイ。

あとは壁に映し出した大画面で迫力のゲームプレイ!

「OJOプロジェクター」には、さらにゲームを楽しくプレイするための工夫がいっぱいされています。

<主な特徴>
・120インチの大画面
・YouTubeや映画も見れる
・すぐに使えて最大4時間稼動
・屋外でもプレイ
・スマホ充電もOK
・5Wスピーカーを内臓
・4K対応 HDMI

●PLAY POINT 001 : 大画面&重低音でド迫力プレイ!

なんと言っても一番のポイントはここ!!

OJOプロジェクターは30~120インチ(横幅 約60cm~2.6m)まで対応。
ホームパーティー、友人宅、マンションのプレイルームなど、その場のスペースに応じて遊ぶことができます。
また、深みのある低音が魅力の5Wステレオスピーカーを搭載。
よりゲームの世界に入り込めます。

●PLAY POINT 002 : 屋外でも最大4時間のプレイが可能!

「OJOプロジェクター」は1回の充電で連続4時間のプレイが可能。
プレイ中のスイッチ本体は常に充電状態になるので、充電切れの心配はありません。
20400mAhのバッテリー内蔵で、時にはモバイルバッテリーとしてスマホの充電もできるので外出先で遊ぶ時にもとても便利です。

●PLAY POINT 003 : スマホを繋いでYouTubeも楽しめる!

「OJOプロジェクター」には内蔵スピーカーと2つのUSB端子が搭載。
スマホを接続してYouTubeを再生すれば大画面、大音量で動画や音楽が楽しめます。
もちろんスマホで撮影した動画や画像、映画、または色々なアプリを映し出せます。

低音が魅力の5Wステレオスピーカーで、部屋を暗くしてホームシアター気分でお楽しみください。

●PLAY POINT 004 : 会議やプレゼンでも活躍!

「OJOプロジェクター」は、本体にHDMI端子が付いているので、様々なゲーム機を繋いで遊んだり、パソコンに接続すれば会議用の資料を映し出すこともできます。
大画面でゲームをプレイする以外にも、普通のプロジェクターとして使用することができる優れものです。

日本未発売の「OJOプロジェクター」は、Makuake限定で下記のセットをご用意!

【セット内容】
■ OJOポータブルプロジェクター 1台(PSE認証予定)
■ OJO専用 ACアダプター(PSE認証済)
■ OJO日本語取扱説明書&保証書(1年保証)
■ OJO特製キャリングケース(Makuake限定特典)
■ OJO特製コントローラーグリップ(Makuake限定特典)
※一般販売時期は未定です。

時代と共に進化を続けるゲームワールド。
OJOは「いつでも、どこでも、誰とでも。」

なお、『OJOプロジェクター』は任天堂のライセンス商品ではありません。
また専用機でもないので、HDMI端子から他のゲーム機を繋いだり、パソコンやタブレットを繋いでYoutubeを大画面に映し出すことができます。

情報源:株式会社カルペディエム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク