スクエニ決算「オクトパストラベラーのセールスは想定以上。特に欧米で予想を上回った。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日2018年8月7日に、スクウェア・エニックスの決算会見が行われました。

その中で、7月13日に発売された『オクトパストラベラー』の売り上げについて言及されています。

オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス (2018-07-13)
売り上げランキング: 26

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterより。

『オクトパストラベラー』のセールスは想定以上で、特に欧米で予想を上回ったとのこと。
オクトパストラベラーの続編という意味ではないですが、ミドルレンジ(中規模の)RPGの第二弾、第三弾もやっていきたいそうです。

こちらは昨年11月の決算発表時のツイートです。
昨年から、ミドルレンジRPGの開発に意欲的な姿勢を見せていました。

昨日は『ブレイブリー』シリーズの新作?を示唆するようなツイートを浅野チームの公式Twitterアカウントがしていましたが、続編や新作含めて、こうしたミドルレンジRPGの投入に期待したいですね。

<おまけ>
こちらはバンダイナムコの決算について。

スポンサーリンク