Switch用ソフト『Please, Don’t Touch Anything: Classic』が海外向けとして2019年6月13日から配信開始!ボタンがあると押したくなる。謎めいたボタンを押すだけのシミュレーションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年11月22日、海外eショップにてSwitch版『Please, Don’t Touch Anything』の配信が開始されました。

もう一つのタイトル『Please, Don’t Touch Anything: Classic』のほうも2019年6月13日から配信開始となります。
販売価格は$4.99です。

本作は、インディーデベロッパーFour Quartersによって開発された、謎めいたボタンを押すだけのシミュレーションゲーム『Please, Don’t Touch Anything』のクラシック版です。
先に配信されたのはアップグレードとなる3D版です。

トイレ休憩に行った同僚に代わったあなた。
目の前には赤いボタンがある謎の機械があります。
「何も触るな!」という指示がありますが、ボタンを押すかどうかはあなた次第です。

以下、Playismの公式サイトより本作の概要です。

謎のボタン、トイレ休憩、プラスドライバー、核爆発
Please, Don’t Touch Anythingは、謎めいたボタンを押すだけのシミュレーションゲームです。

トイレ休憩に行った同僚に代わったあなたの目の前にあるのは、赤いボタンがひとつだけある謎の機械でした。
同僚は「絶対そのボタンに触るなよ!」と言い残していなくなったので、あなたにはもうそのボタンを触る以外の選択肢はありません。
とりあえず押してみて、何が起きるか見てみましょう。
いろいろなことが、起こります。

<特徴>
■謎に次ぐ謎
■シンプルなドット絵
■ゲームの独特な雰囲気を作り出すチップチューンミュージック

情報源:米任天堂公式サイト

© ForwardXP, Inc. 2019. All Rights Reserved.

スポンサーリンク