Nintendo Switch本体の最新Ver.12.1.0が2021年7月6日から配信開始!

スポンサーリンク

「Nintendo Switch本体」の最新Ver.12.1.0が、2021年7月6日から配信開始となりました。
6月8日に配信されたアップデートVer.12.0.3以来となる、更新データです。

今回は「いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上」に加えて、ゲームソフトの更新データのダウンロードについての仕様変更があります。

以下、パッチノートです。

12.1.0(2021年7月6日配信開始)

■ゲームソフトの更新データをダウンロードするときに、本体保存メモリーや microSD カードの空き容量が不足する場合、先にそのソフトの古いデータを消去してから新しいデータをダウンロードできるようにしました。
・古いデータを消去した場合、新しいデータのダウンロードが完了するまでそのゲームソフトは遊ぶことができません。

■いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

本体更新時のご注意
本体の更新は、本体が正常な状態で行ってください。

●本体を改造したり、任天堂がサポートしていない周辺機器やソフトウェアを使用したりすると、本体更新後に本体が動作しなくなるおそれがあります。
●通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータなどが本体内にある場合は、故障の原因となるだけでなく、安心してご使用いただけなくなるおそれがあるため、そのようなデータなどが自動的に除去される場合があります。

上記のような異常な状態で本体を更新した場合は、動作を保証いたしません。また、修理や保証の対象外となります。

情報源:任天堂公式サイト