【ファミ通調べ】Nintendo Switchの国内累計販売台数が1500万台を突破!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch(Switch Liteを含む)の国内累計販売台数が、発売から184週(約3年6ヵ月)で1500万台を突破したことがファミ通調べで明らかになりました。

また、Switch向けソフトでは2020年3月発売の『あつまれ どうぶつの森』が562万本を売り上げ、累計販売本数のトップとなっているとのこと。

以下、ファミ通.comより。

詳細

「ニンテンドースイッチ」国内推定累計販売台数

(集計期間:2017年3月3日~2020年9月6日/販売週数:184週)

国内推定累計販売台数:15,073,025台
※Nintendo Switch Lite含む

●ニンテンドースイッチ 国内推定累計販売台数推移

(集計期間:2017年3月3日~2020年9月6日)

●ニンテンドースイッチ向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5

(集計期間:各発売日~2020年8月30日)

・1位 あつまれ どうぶつの森
メーカー:任天堂
発売日:2020/3/20
売上本数:5,628,462本

・2位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
メーカー:任天堂
発売日:2018/12/7
売上本数:3,809,943本

・3位 ポケットモンスター ソード・シールド
メーカー:ポケモン
発売日:2019/11/15
売上本数:3,717,997本

・4位 スプラトゥーン2
メーカー:任天堂
発売日:2017/7/21
売上本数:3,544,763本

・5位 マリオカート8 デラックス
メーカー:任天堂
発売日:2017/4/28
売上本数:3,131,858本

●今回の速報について
任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」(2017年3月3日発売)は、発売から184週(約3年6ヵ月)で国内累計販売台数1,500万台を突破しました。

また、ニンテンドースイッチ向けソフトでは、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売)が562.8万本を売り上げ、累計販売本数トップとなっています。

年末にかけては、「マリオカート ライブ ホームサーキット」(任天堂/10月16日発売予定)や、「ゼルダ無双 厄災の黙示録」(コーエーテクモゲームス/11月20日発売予定)といったタイトルの発売も控えており、今後の動向が注目されます。

※ソフトの累計販売本数は2020年8月30日まで、パッケージ版のみの集計となっております。(ニンテンドースイッチの累計販売台数は2020年9月6日までの集計。)

情報源:ファミ通.com