任天堂が株式会社Cygamesとのスマートデバイス向けゲームアプリ事業における業務提携を発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂が4月27日、株式会社Cygames(サイゲームス)とのスマートデバイス向けゲームアプリ事業における業務提携を発表しました。

以下、任天堂公式サイトより概要です。

スマートデバイス向けゲームアプリ事業における株式会社Cygamesとの業務提携のお知らせ

任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島 達己、以下任天堂)と、株式会社Cygames(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊 耕一、以下Cygames)は、スマートデバイス向けゲームアプリ(以下ゲームアプリ)事業における業務提携について合意いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。

1. 提携の内容
両社は、グローバル市場において、広くお客様にご評価いただける新たなゲーム体験の創出を目指して、共同でゲームアプリを開発・運営することに合意いたしました。
この協業において、任天堂は2018年夏にCygamesが企画し、両社が開発・運営する新作オリジナルゲームアプリ『ドラガリアロスト』(ジャンル:アクションRPG)を、日本、台湾、香港およびマカオ向けに配信開始いたします。また、同タイトルは任天堂グループのバックアップの下で、北米地域および欧州地域への配信も目指しております。
なお、両社の協業を円滑に進めるために、任天堂はCygamesの発行済株式数の約5%を、主に同社保有株式の第三者割当により取得いたします。

3. 今後の見通し
本件が業績に与える影響につきましては、今期の業績予想に織り込んでおります。

この業務提携の一環として、Cygamesが企画し、両社が開発・運営する新作オリジナルゲームアプリ『ドラガリアロスト』を2018年夏に日本、台湾、香港およびマカオ向けに配信するとのことです。
また、任天堂グループのバックアップの下で、北米地域および欧州地域への配信も目指しているようです。

サイバーエージェントグループの株式会社Cygamesは、モバイル向けゲームアプリや家庭用ゲームソフトなどを開発している企業です。

これまでに『神撃のバハムート』、『グランブルーファンタジー』、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』といった様々なスマートフォン向けゲームを開発してきた他、PSVR対応の『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』の開発などにも関わっています。

今回配信が決定した『ドラガリアロスト』に関しては、ジャンルがアクションRPGになるということだけで現時点で多くの情報はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク