レベルファイブの日野晃博さん:Nintendo Switchの対応ソフトを制作中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レベルファイブの日野晃博さんのインタビューが、日経トレンディネットに掲載されています。
その中で、Nintendo Switchについての言及がありました。

Nintendo Switchの対応ソフトを制作中

――据え置き機としても携帯ゲーム機としても遊べる「Nintendo Switch」が3月に発売になりました。

日野: Switch、いいと思いますね。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がめちゃくちゃ面白くて。やばいなっていうくらい(笑)。実は自分でSwitchで遊んでみて、開発段階のときとすごく印象が変わったんです。家の外と中で一緒に遊ぶスタイルってどうなのかなと思っていたのですが、相当可能性があると感じています。

まず『ゼルダ』がやたら面白いので、僕自身持ち歩いて飛行機の中でも一生懸命プレーしています。任天堂さんにもらった本体は、コントローラーに赤と青の色が付いているモデルだったのですが、あまりに頻繁に持ち歩いていると周りの目が気になり始めて、周辺機器としても発売している黒のコントローラーを自分で買って増設しました(笑)。

このSwitchのスタイルは対戦型のゲームにすごくフィットしていると思います。実際に集まっても遊べるし、オンラインでもプレーできる。例えば、会社内のゲーム好きで集まって『マリオカート』をやるとか、すごく魅力的で楽しそうだなと思うんですよね。うちでも、まだ内容は言えませんが、対応ソフトを作っています。
情報源:日経トレンディネット

Nintendo Switchに対して、相当可能性を感じているようです。

気に入っているタイトルは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』とか。
飛行機の中でもプレイしているそうです。
この辺は、家でも外でも遊べるSwitchの魅力ですね。

そしてレベルファイブとしても、Nintendo Switch向けのソフトを開発中とのこと。
どのようなタイトルになるのかは明かされませんでしたが、期待したいですね!

なお、日野さんは以前からSwitch向けにソフトを出すと発言しています。
発売がいつになるか、どのようなタイトルになるかは明かされていません。

スポンサーリンク