関西の年末商戦、家電量販店や百貨店が好調!家電ではSwitchが人気も依然品薄は続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西の年末商戦は、「Nintendo Switchn」などの人気商品の影響もあり販売好調のようです。

上新電機(Joshin)は、今月18日までのゲームの売上高が前年から5割も増えたと話しました。
これはSwitchの影響が大きいとのこと。
ハードに加えて、『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などのソフトが人気があるみたいです。

また、品薄が続くNintendo Switchに関してヨドバシカメラの担当者は「最近は店頭にまとまった数の入荷がある」と述べています。
「12月は国内向けにこれまで以上の出荷を計画しており、さらに多くのお客様にお買い求めいただけるよう努めてまいります。」と任天堂が先日声明を出しましたが、確実に出荷数は増えているようです。

関西の年末商戦は、注目商品がけん引する家電量販店や衣類が伸びる百貨店が好調だ。家電では、任天堂の家庭用ゲーム機「NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)」の人気を受け、上新電機は今月18日までのゲームの売上高が前年から5割も増えた。

3月に発売したスイッチは初めての年末商戦。平日の昼間、ヨドバシカメラのマルチメディア梅田(大阪市)のゲーム売り場には、子育て世代が目立った。50代の会社員男性は「10歳の息子にソフトを買いに来た」と話す。一方、60代女性は「孫娘に欲しいと言われたが本体が売り切れている」。「最近は店頭にまとまった数の入荷がある」(ヨドバシカメラ)というが、品薄は続く。

上新電機はスイッチ本体やソフトが売れ筋。3月に本体を発売して以降も「人気のソフトも多く、『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などが貢献する」ほか、他の主要ゲーム機も前年の販売実績を上回る。
情報源:日本経済新聞

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク