Switch版『Murder House』が2022年4月14日から再配信開始!


Nintendo Switch版『新殺しの館』が、2022年4月14日から配信開始となりました。
販売価格は1,325円(税込)に設定されています。

本作は、80年代のB級映画のスラッシャープロット、PS1スタイルのローポリゴングラフィックなどを特徴にする、レトロスタイルのホラーアドベンチャーゲームです。
もともと2021年10月14日に『Murder House』として配信されましたが、一時配信停止となり、『新殺しの館』となって再配信になりました。

以下、任天堂公式サイトよりゲームの概要です。

センセーショナルな心霊番組を作り上げるため廃屋に侵入した地元のニュース班…しかしまさか自分たちが“狂った殺人鬼”に追いかけられることになるとは!

ある地元のニュース班が、処刑された連続殺人犯アンソニー・スミスの古い廃屋へと侵入し、センセーショナルな幽霊屋敷の番組を作り上げようと計画する。しかし、あの悪名高きイースターの切り裂き魔は本当に死んでいるのか?それとも実は生きていて、廃屋の中で来た者をひとりずつ抹殺しようとしているのか?果たして生き残るのは誰か、そして何が残るのか?あの『Babysitter Bloodbath』のスピリチュアル的後継作。

このゲームは、第5世代のサバイバルホラーゲームをシミュレートしたものであり、タンクコントロールおよび三人称視点のカメラアングルを使い、コントローラーでプレイすることを想定しています。タンクコントロールを使用するゲームが苦手な方は、このゲームをプレイすることが困難に感じるかもしれません。また、オートセーブが無いため、数に限りのある鉛筆を使用してセーブを行う必要があります。

© Vague Scenario LLC. 2022