『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』は発売から4日間で36.9万台を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月5日に発売された『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』ですが、ファミ通調べによりますと発売から4日間で36.9万台を販売したことが判明しました。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 売上速報
・集計期間:2017年10月5日~10月8日/販売日数:4日間
・国内推定販売台数:368,913台

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売から4日間(初週)の販売台数は36.9万台となりました。
本ゲーム機は、1990年に発売した人気家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を小型化し、未発売ソフトを含む21タイトルを収録して復刻したもので、2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、大きな注目を集めました。
今後も、クリスマスや年末商戦に向け、さらなる販売台数の伸びが期待されます。

ちなみに、2016年11月10日に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』は、発売から4日間で262,961台が販売されています。
※ファミ通調べ

『ミニ・スーファミ』については、任天堂が『ミニ・ファミコン』よりも多くの本体を出荷すると発表していましたが、売り上げ速報でいえば約10万台以上増加していることになります。

ただそれでも『ミニ・スーファミ』は全国的に品薄状態になっています。
幸いに2018年も継続出荷されることが発表されているので、まだ入手できない方も諦めずに待ち続けるのが良いでしょう。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク