Switch版『Laws of Machine』が2021年3月25日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Laws of Machine』が、2021年3月25日から配信開始となりました。
販売価格は422円(税込)に設定されています。

PC版トレーラー

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。
※このゲームは日本語に対応しておりません

Sharpey教授によって設立されたRobotechという会社があります。
※本作は日本語に対応しておりません

彼はニューロスフィアに基づいた人工知能のシステムを開発しました。これは、月型の土壌での実験中に再現されました。
教授はDRx(家庭用ロボット)シリーズアシスタントの開発を開始し、これらのロボットは人間ができるほとんどすべてのことを実行できました。さらに、彼はロボットに彼の新しい開発の1つである「SOTM」を組み込みました。 テレポート用に特別に提案されたオブジェクトをテレポートします。
ロボットは、テレポートと特定のタスクの解決にポータティブガンを使用することができました。

かつて、教授が新しいロボットをテストしているときに、プログラムが誤動作/失敗し、ロボットが負傷した教授を逃げ出し、教授は昏睡状態に陥りました。
その間、DR12は教授とのつながりを失い、ROBOTECCORP研究所に到着することを決定しました。
実験室には、ロボットの知性をテストするための特定の部屋があり、ロボットはそれを知っていて、その実験室にテレポートすることにしました。

Copyright by Badri Bebua