Nintendo Switch用ソフト『KORG Gadget』の最新情報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『KORG Gadget』の最新情報が、KORGの公式サイトで公開されました。

本作は、ゲーム感覚で音楽制作が楽しめる音楽制作ソフトウェアです。

<主な特徴>
・充実したガジェット楽器やシンプルで使いやすいユーザー・インターフェースでスピーディに音楽制作ができるソフトです。
・Joy-Conを傾けたり回したり、アクティブに動かして操作・演奏を楽しめる、新感覚音楽制作スタジオです。
・最大 4人で協力して曲作りができるマルチプレイモードが搭載されています。
・HDMI接続をすれば、リビングにあるテレビでワイワイ遊んだり、プロジェクターを使ったパフォーマンスなども実現できます。

以下、KORG Gadget 公式サイトより。

概要

KORG Gadget の直感的なユーザー・インターフェースを採用
KORG Gadget の最大の特徴である、直感的な音楽制作ワークフローを実現するユーザーインターフェースを KORG Gadget for Nintendo Switch でも採用。
サウンド、フレーズ、シーケンス、ミックスという4つの工程を分かりやすくレイアウトし、あらゆる作業を直感的かつシームレスに行えます。
また、曲に合わせたスケールを設定可能な「スケール・モード」を搭載。
シンセサイザーにあまり馴染みがなくても、曲作りを楽しむことができます。

16個の個性的で強力なシンセサイザー/ドラムマシン・ガジェット
KORG Gadget for Nintendo Switch は、音楽制作に必要な16個ものガジェット楽器を揃えています。
それぞれ強烈な個性を主張する多数のシンセサイザーに加え、即戦力となるドラムマシンや、バンダイナムコスタジオとの共同開発で生まれたKamataを搭載。
すべてのガジェットは洗練されたパラメーターで構成され、あらゆる音をスピーディに作り出していくことが可能です。
自分の求めるサウンドやインスピレーションの源となる音色を最速で提供します。

Joy-Conを傾けたり回したり、アクティブに動かして操作・演奏
Joy-Conのセンサーによる操作・演奏や HD 振動による効果を楽しむことができます。
例えば、Joy-Conを回すことでガジェットのノブが動かせたり、傾けることでスケールに沿ったノートを演奏・入力することができます。
どちらも動きに合わせた HD 振動 が手に伝わり、今までのソフトウェアにはない手触り感を味わえます。
また、Joy-Conのボタンとスティックを使った演奏・入力も可能。様々な方法で演奏にチャレンジしてみてください。

みんなでワイワイ曲作り、最大4人まで対応のマルチプレイモード
最大 4人 (※) まで協力して曲作りができるマルチプレイモードを搭載しました。
4分割された画面を見ながら、同時にプレイする新しいスタイルです。
それぞれの担当パートを決めて最後まで仕上げるのもよし、対戦型DAW?!として、相手の置いたノートを消したり・追加したり邪魔をするのに徹すのもよし、みんなでゲームをプレイする感覚で楽しく音楽制作が行えます。
※4人でマルチプレイをするには Joy-Conが4セット必要です。また、ローカル通信、インターネット通信には対応していません。

リビングでも、モバイルでも、場所を選ばずどこでもプレイ
Nintendo Switchドックに(HDMI 出力)により、リビングにあるテレビで『KORG Gadget』がプレイできます。
大きな画面でじっくり曲作りをしたり、4人で協力して曲作りをすれば盛り上がること間違いなしです。
また、ライブ会場のスクリーンに出力すれば、Joy-Conを使ったパフォーマンスが可能です。
TVモード、テーブルモード、携帯モード、それぞれのモードを使い分けることで、いつでもどこでも自由に音楽制作スタジオを構築できます。

『KORG Gadget』は2018年春に配信が予定されています。
販売価格は未定です。

情報源:KORG Gadget 公式サイト

© 2018 KORG Inc. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク