コーエーテクモホールディングスが業績予想を上方修正。『ファイアーエムブレム無双』などが好調に推移したため

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社コーエーテクモホールディングスが、本日2017年10月10日に「業績予想の修正に関するお知らせ」を公式サイトに掲載しました。
その中で、平成29年7月24日に公表した平成30年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想を上方修正したことを発表しています。

修正の理由については、下記のように述べています。

2.修正の理由
任天堂株式会社の「ファイアーエムブレム」と当社の「無双」シリーズとのコラボレーションタイトル『ファイアーエムブレム無双』(Nintendo Switch、Newニンテンドー3DS用)を9月に発売し、『仁王』(PS4用)のリピート販売も引き続き好調に推移しました。
『仁王』はダウンロードコンテンツ三部作を展開しいずれも好評を博したほか、当社IPの許諾によるロイヤリティ収入が計画を上回り、利益率の高い分野が伸長しました。
さらにコスト低減にも努めた結果、営業利益は前回予想を上回る見通しです。

また、営業外収益も有価証券売却益を中心に増加し、経常利益および親会社株主に帰属する四半期純利益についても前回予想を上回り、第2半期連結累計期間として経営統合以来最高益を更新する見込みです。
なお、通期の連結業績予想につきましては、第3四半期以降の売上、利益の比率が高いことを勘案し、当初予想からの変更はございません。
出典:業績予想の修正に関するお知らせ

ソフト面では、2017年9月28日に発売したNintendo Switch&Newニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム無双』と、2017年2月7日に発売したPS4用ソフト『仁王』の販売が好調に推移しました。
さらにコスト低減にも努めた結果、営業利益は前回予想を上回る見通しになっています。

『ファイアーエムブレム無双』の初週販売本数(集計期間:2017年9月25日~10月1日)は、Switch版が41,491本で、New3DS版が18,357本でした。
合計で59,848本となっています。
出典:メディアクリエイト調べ

スポンサーリンク