Switch版『Kentucky Route Zero: TV Edition』が2020年1月28日に国内配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Kentucky Route Zero: TV Edition (ケンタッキー ルート ゼロ : TV エディション)』が、国内向けとして2020年1月28日に配信されることが決定しました。
販売価格は2,749円(税込)に設定されています。

本作は、インディーデベロッパーCardboard Computerによって開発された、マジックリアリズム的世界観を特徴とするポイントアンドクリックスタイルのアドベンチャーゲームです。
『Kentucky Route Zero』というタイトルで2013年1月にPC向けとしてリリースされたのが始まりで、全5エピソードを含むコンソール版は「TV Edition」と名づけられています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

『KENTUCKY ROUTE ZERO: TV EDITION』は、忘れがたいエレクトロニック・ミュージックと 全5幕から成る、リアリティーのある不思議なアドベンチャーゲームです
ケンタッキー州のたそがれ時…カエルや虫の合唱が鳥のさえずりに取って代わるころ、馴染みの道路は見慣れなくなり、迷いやすくなる。
すでに道に迷っている者は、地下洞くつを通り曲がりくねる秘密のハイウェイにたどり着くかもしれない。
このハイウェイ沿いに住み働いている人々は、最初は少し奇妙だが、それがだんだん普通に思えてくる。
つぶれる寸前のアンティークショップの最後の配達をしている、年老いた運転手。
幽霊に囲まれながら、時代遅れのテレビを修理する若い女性。
子供と、彼の巨大なワシの友達。ロボットミュージシャン。
あらゆるところに影が見える、しかし姿を見せない電力会社、そしてその支配下で苦しむ、ぼろぼろになったコミュニティ。

『KENTUCKY ROUTE ZERO: TV EDITION』は、忘れがたいエレクトロニック・ミュージックと、The Bedquilt Ramblersによる一連の賛美歌・ブルーグラス音楽をBGMにした、全5幕から成る、リアリティーのある不思議なアドベンチャーゲームです。
印象的なビジュアルスタイルは、ビデオゲームの歴史、また演劇・映画・実験的な電子芸術などにインスピレーションを得たもの。
これは支払えない借金、放棄された未来、そして人間の持つ、コミュニティを見つけたいという欲動のストーリーです。

元々は長年にわたり挿話的に公開されていましたが、今回のゲームには、5幕すべてと、以前は別々に公開された「幕あい劇」を含め、初めてNintendo Switchでプレイできるようになりました。
またこちらも初めて、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語、およびスペイン語(ヨーロッパのスペイン語とラテンアメリカの両方)にローカライズされました。

© 2020 Cardboard Computer, LLC. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.

スポンサーリンク