NTTデータ(イマツイ編集部)がニンテンドースイッチの話題の波を、Twitterの全量データから分析

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社NTTデータ(イマツイ編集部)がニンテンドースイッチの話題の波を、Twitterの全量データから分析しています。
以下、NTTデータ(イマツイ編集部)によるデータ分析結果です。

【ニンテンドースイッチ盛り上がりの様子分析概要】

本分析は、以下の条件にて実施しました。
● 抽出対象:「ニンテンドースイッチ」および、ソフト名を含む日本語ツイート
● 抽出対象期間とデータ数
2016年10月~2017年3月 総ツイート量:3,774,148件
016年10月~2017年3月 RT除いた総ツイート量:1,593,876件

【分析主要トピックス】

■ニンテンドースイッチに関する話題量推移
スイッチは3回の話題の波で作られ、徐々に盛り上がりを見せました。

その3回とは、「発売発表日」「プレゼンテーション2017」「発売当日」のことです。
最高潮は1日で50万ツイート超えを記録した「Nintendo Switchプレゼンテーション2017」です。

図1:ニンテンドースイッチの話題量推移図1:ニンテンドースイッチの話題量推移

■発売初日にスイッチを買ったのはどんな人!?
発売初日にスイッチを買ったのはこんな人たちです。


図2:スイッチを発売当日に買った人図2:スイッチを発売当日に買った人

会社員男性が圧倒的に多いですね。
男性未婚の人が69.2%もいて、男性既婚は17.9%です。

任天堂のゲーム機はファミリー層に強いというイメージがありますが、未婚の人が多く購入しているので、コアなユーザーからも支持されているのでしょう。
コアユーザーは予約して確実に買う人が多いので、当日に買った人が多いのはそれも影響していそうな感じがします。

今はまだ入荷されても即完売状態が続いていますが、在庫が安定していけばファミリー層の購入も増えていきそうですね。

■ニンテンドースイッチ 人気ソフト&待望ソフト
発売済みのソフトでは、やはり『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が出現数16,285-ポジティブ率61.9%で人気です。
未発売のソフトでは、『Splatoon2』が出現数29,388-ポジティブ率60.8%でさらに高いツイート数になってます。


図3:ニンテンドースイッチ 人気・待望ソフト図3:ニンテンドースイッチ 人気・待望ソフト


以上、NTTデータ(イマツイ編集部)による分析でした。

より詳しい、分析結果は以下からご覧ください。
3度の波で生まれたスイッチ人気。真っ先に動いたのはあの世代?ツイートから浮かぶユーザー像と人気・待望ソフトを一挙公開

【イマツイについて】
イマツイは、Twitterを主とするソーシャルメディアに上がる生活者の声をリアルタイムに解析し、そこから世の中の変化のシグナルをいち早くみつけ、蓄積した大量のデータを元にこれまでにない深いインサイトを、ビッグデータ特有のノイズや複雑さを排して、分かりやすくおもしろくお届けする、ビッグデータ時代の新しい形のニュースサイトです。

●URL: http://imatsui.com
●ツイッター: https://twitter.com/imatsui_desk
●Facebook: https://www.facebook.com/imatsuinews
※文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

Amazon

Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション+Amazon.co.jpオリジナルダンボー組立キット付
Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション+Amazon.co.jpオリジナルダンボー組立キット付