「龍が如く」シリーズがNintendo Switchに登場する可能性について名越氏が回答。「今のところ検討はしていないですね。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『龍が如く』シリーズ、および『JUDGE EYES:死神の遺言』の総監督である名越稔洋、プロデューサーの佐藤大輔、細川一毅氏へのインタビューがIGN Japanに掲載されました。

いくつか際どい質問もあり、その中にはSwitchに関連した質問もあります。

「龍が如く」シリーズの作品がNintendo Switchに登場する可能性はありますか?と聞かれた名越氏は一言「今のところ検討はしていないですね。」と答えました。

昨年、龍が如く極2のプロデューサーである佐藤大輔氏はGameblog.frのインタビューで、「Switchに関しては龍が如くのゲームを開発する理想的なプラットフォームではないと思います。」とも答えており、これらを踏まえると現時点ではSwitchでタイトルがリリースされる可能性は低いように思えます。

また、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に関する質問もありました。

「ソニックやジョーカーといったセガやアトラスのキャラクターが『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場していますが、桐生や真島もいつか参戦できそうですか?」という質問には、「桜井(政博)さんが欲しがらないだろう(笑)。言われるなら全然いいですよ。でも彼がほしがらない、たぶん。」と名越さんは答えています。

情報源:IGN Japan


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする