「Nintendo Switch」は2017年4月期に23.5万台を販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、2017年4月期で23.5万台(ファミ通調べ)を販売したことが分かりました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年3月27日~2017年4月30日 (5週分)

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:マリオカート8 デラックス(Switch)任天堂 280,229本
2位:モンスターハンターダブルクロス(3DS)カプコン 274,392本
3位:ファイアーエムブレム Echoes(エコーズ) もうひとりの英雄王(3DS)任天堂 158,509本
4位:ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX(3DS)バンダイナムコエンターテインメント 92,809本
5位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)任天堂 86,105本

4月28日に発売した『マリオカート8 デラックス』が、発売3日間で280,229本を売り上げ1位にランクイン。
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も86,105本を売り上げ、上位に食い込みました。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 234,817台(先月1位 Nintendo Switch 524,371台)
2位:ニンテンドー3DS(合計)130,185台(先月2位 ニンテンドー3DS(合計) 159,402台)
(ニンテンドー3DSは、Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DSの合計値になります)

Nitendo Switch本体は、234,817台という販売台数になりました。
累計75.9万台まで伸ばしています。
5月期に国内100万台いくかどうかって感じですね。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂 84.4万本
2位:カプコン 30.3万本
3位:バンダイナムコエンターテインメント 22.7万本

総括
2017年4月期はNintendo Switchが引っ張っていった月間になったようです。
ハード市場規模は前年同月を上回る数字に。

今後も『スプラトゥーン2』や『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』などの大型タイトルが発売予定のため、夏商戦に向けてゲーム市場のさらなる活性化がファミ通では期待されているようです。

Nintendo Switch本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド