HORIから「NintendoSwitch」対応の『マイクロSDカード』が発売! オススメmicroSDカードは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲーム関連のアクセサリーを数多く販売する株式会社HORIから、「Nintendo Switch」対応の『マイクロSDカード』が2017年3月3日に発売されます。

今回はこの『microSDカード』について、分かりやすく解説してみました。
※通常のメモリーカードと、microSDカードが間違えて購入しやすいので、違いにご注意ください。

スポンサーリンク

NintendoSwitchの容量について

「Nintendo Switch」は、WiiUプレミアムセットと同じ32GBの内蔵ストレージを持っています。
データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量になるので、実際に使える容量は32GBから低下します。
0GB~32GBギリギリまでダウンロードに使えるわけではないので、ご注意ください。

この内蔵ストレージだけで遊ぶことは可能ですが、色々なゲームをダウンロードしたりする場合、容量が足りなくなる可能性が高いです。
その場合、外部ストレージの「マイクロSDカード」をニンテンドースイッチ本体に差し込む必要があります。
本体(液晶)の裏側に差し込むことができます。


Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
© Nintendo

対応microSDカード


対応しているメモリーカードは、「microSD / microSDHC / microSDXC」の3種類です。
この3つを『マイクロSDカード』と呼ぶのが一般的です。
※「microSDXC」を使用するには、インターネットに接続して本体を更新する必要があります。

■容量の違い
SD:128MB~2GBまでの範囲
SDHC:14GB~32GBまでの範囲
SDXC:164GB~2TBまでの範囲

「microSDXCメモリーカード」は最大で2TBまで対応しています。
ただ、現時点で2TB対応の「microSDXCメモリーカード」は存在しません。

スイッチの内臓が32GBと考えれば、128GB~256GBのメモリーカードで十分だと思います。
人によっては、256GBでも多すぎて使いこなせないと思います。

microSDHCカード for NintendoSwitch

以下は、HORIが発売する『マイクロSDカード』です。
SDHC(14GB~32GB)に分類されます。
※掲載しているデータは、2017年1月30日時点の情報です。

【microSDHCカード 16GB for NintendoSwitch】
希望小売価格:1,980円(税込¥2,138円)
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード16GB for Nintendo Switch
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード16GB for Nintendo Switch

【microSDHCカード 32GB for Nintendo Switch】
希望小売価格:3,480円(税込¥3,758円)
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch

microSDHCカード 16GB/32GBだと容量が足りない?

HORIから発売する「microSDHCカード 16GB/32GB」は、任天堂ライセンス商品で、安心・安定性では抜群だと思います。
書き込みテストに適合していて、現時点で「ニンテンドースイッチ」で動作保障されている数少ない『マイクロSDカード』になります。

ですが心配なのは容量です。

記憶に新しい所であれば、『XenobladeX(パッケージ版)』の「ロード高速化データパック」が2015年4月にWiiUで配信されましたが、このデータ容量が話題になっていましたね。
「ロード高速化データパック」4つ全てのパックを同時にダウンロード・インストールする場合、データ容量と合わせて14.7GB程度必要となりました。
これを見るだけで、16GB/32GB程度では全く足りないと分かると思います。

ソフトのダウンロードにはどれくらい容量が必要?

1-2-Switch |オンラインコード版』ですと、ダウンロードに必要な空き容量が1.5GB以上必要になります。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版』ですと、ダウンロードに必要な空き容量が13.4GB以上必要になります。

大作ゲームだと、10GB以上必要になるようなので、やはり16GB/32GB程度では不安が残ることがよく分かりますね。

【32GB以上の空き容量が必要なケースも】
『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ですと、32GB以上の空き容量が必要になります。
『DQH I・II公式サイト』には、ダウンロード版を購入する場合、別途32GB以上のmicroSDカードが必要になります。と書かれているため、このソフトに至ってはスイッチ本体の容量だけでは確実に足りないことになります。
大作ゲームのダウンロード版が16GBや32GBと考えると、ダウンロード版をガンガン購入する人にとっては最低でも128GB、できれば256GBがないときついと思います。

【パッケージ版専門に購入する人でもある程度の空き容量が必要】
「パッケージ版しか買わないよ!」という人もいると思いますが、上述したように「ロード高速化データパック」のようなDLCや、バーチャルコンソール・ダウンロード専売ソフト・追加コンテンツ、などをダウンロードするのにも空き容量が必要になってきます。
こういったものを次々とダウンロードしていけば、空き容量が大量に必要になるでしょう。

microSDカードの容量はどれがオススメ?

価格的にも無難なのが128GBだと思います。
もっと色々なものをダウンロードしたい方には、256GBをオススメします。

「最初は容量の少ないカードを購入して、後から買い換えればいいや」という人もいるとは思いますが、これはオススメしません。
データ移行は面倒な作業で、時間と手間がかかります。
なれてない人だと、マニュアルなどを見ながらになるのでかなりの時間がかかることもあります。
そう考えれば、最初から容量多めの「microSDHCカード」を購入したほうがいいと思います。

【参考リンク】
microSDカードについて
複数のmicroSDカードに保存されたデータを1枚のmicroSDカードにまとめることはできますか?

SDスピードドクラス

『マイクロSDカード』には、SDスピードClassというものがあります。
このClassが高いほど、読み書き時のデータ転送速度の最低保障スピードが高くなります。
数字が高いほど読み込みの高速化に繋がるので、Class10を選ぶようにしましょう。

▼Class2:読み書き時のデータ転送速度が最低 2MB/秒
▼Class4:読み書き時のデータ転送速度が最低 4MB/秒
▼Class6:読み書き時のデータ転送速度が最低 6MB/秒
▼Class10:読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/秒

ちなみに、「UHS Speed Class」というのも存在します。
スイッチは、UHS-I規格およびUHSスピードクラス1に対応しています。

▼U SpeedClass1:読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/秒
▼U SpeedClass3:読み書き時のデータ転送速度が最低 30MB/秒

どのメーカーがオススメ?

比較的評判が良いのは、「Transcend」と「SanDisk」の二択だと思います。
利用者も多く、初心者が購入するには最適だと思います。
その他、「東芝」「Samsung」「Team」「I-O DATA」など色々なブランドで『マイクロSDカード』が発売されています。

AmazonのmicroSDカード の 売れ筋ランキングを参考にしてみるのもいいと思います。

メモリーカード 一覧

いくつか、オススメのメモリーカードを紹介します。
なお、HORI製品を除いて、「ニンテンドースイッチ」での動作確認はしていません。
ライセンス商品以外は、最終的に全て自己判断の元でお買い求めください。


■ライセンス商品
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード16GB for Nintendo Switch
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード16GB for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch
【Nintendo Switch対応】マイクロSDカード32GB for Nintendo Switch


■32GBのSDHCカード

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch / 3DS 動作確認済 TS32GUSDU1PE (FFP)
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch / 3DS 動作確認済 TS32GUSDU1PE (FFP)

Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ (32GB)
Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ (32GB)

「メモリーキングSD」はSWITCHに対応したmicroSDカードです。
スピードクラス10に対応してます。
microSDHC (CLASS10) 『メモリーキングmicroSD (32GB) 』
microSDHC (CLASS10) 『メモリーキングmicroSD (32GB) 』


■64GBのSDXCカード

Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS64GUSDU1P
Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS64GUSDU1P

Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ 10年保証(64GB)
Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ 10年保証(64GB)

「メモリーキングSD」はSWITCHに対応したmicroSDカードです。
スピードクラス10に対応してます。
microSDXC (CLASS10) 『メモリーキングmicroSD (64GB) 』 -SWITCH- UHS-1対応
microSDXC (CLASS10) 『メモリーキングmicroSD (64GB) 』 -SWITCH- UHS-1対応


■128GBのSDXCカード

Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS128GUSDU1P
Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 無期限保証 Nintendo Switch 動作確認済 TS128GUSDU1P

Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ 10年保証(128GB)
Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ 10年保証(128GB)


■256GBのSDXCカード

Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ
Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ

Samsung microSDXCカード 256GB EVO+ Class10 UHS-I U3対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度90MB/s) MB-MC256DA/FFP
Samsung microSDXCカード 256GB EVO+ Class10 UHS-I U3対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度90MB/s) MB-MC256DA/FFP

選ぶのには苦労する?

『マイクロSDカード』というのは、どれを買うか選ぶのに苦労します。
ゲーム機に限らず、他の機器で使うときもやはり悩んでしまうのが普通です。

【どれを購入したらいいのか悩む理由】
・販売されているブランドが多い。
・容量をどれにしたらいいのか悩む。
・ゲーム機でちゃんと動くのか分からない。
・専門用語が多すぎてちんぷんかんぷん。
・同じ容量のカードを性能比較してたら、余計分からなくなった。
・サイトによって価格などが異なり、最安値を探していたら余計ややこしくなり分からなくなった。
これらが購入を悩ませる原因でしょう。

■発売後まで購入を待つのもあり?
ニンテンドースイッチは3月3日に発売しました。
Amazonレビューで「スイッチで使えた。」と書いてあれば、スイッチでも動作する可能性は高いです。
microSDカードに詳しくない方は、レビューを参考にするのもいいと思います。
もちろん、最終的には自己責任でお買い求めください。

microSDカードのよくある質問

3月2日に任天堂の公式サイトが更新されて、よくある質問が掲載されました。
何か困ったことがあればここから探しましょう。
microSDで検索する
Nintendo Switchに関するQ&A

スポンサーリンク