PS4&Xbox One&Switch&PC用ソフト『Hayfever』が海外向けとして2020年2月25日に配信決定!ユニークな2Dスクロールアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&Xbox One&Nintendo Switch&PC用ソフト『Hayfever』が、海外向けとして2020年2月25日に配信されることがパブリッシャーのZordix PublishingとデベロッパーのPixadomeから発表されました。
Switch版の販売価格は、$14.99に設定されています。

本作は、アレルギー持ちの郵便配達員トーマスを操作して、失われた手紙を集めることが目的のユニークな2Dスクロールアクションゲームです。
トーマスのアレルギーはさまざまな方法で活用することができ、アレルギーをどう使うかはプレイヤー次第となります。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

アレルギーの郵便配達員、トーマスを操作して、失われた手紙を集め、このユニークな2Dスクロールアクションに挑戦しよう!
Hayfeverでは、プレイヤーはトーマスを操作します。この若き配達員は仕事にとても真剣です。
一つちょっとした問題が… トーマスはひどい (本当にひどいんです) アレルギー持ちなのです。

トーマスのアレルギーをどう使うかはプレイヤー次第、弱みを強みに変えて危険な世界を旅するのです!
アレルゲン物質はさまざまな形でトーマスに作用し、世界とのかかわり方を大きく変えます。
通常の花粉は、大きなくしゃみを引き起こし、空中を飛ぶことが出来ます。
一方スモッグは彼を風船のように腫れ上がらせます。ピーナッツ… まぁ、ピーナッツは全く別の話です。

【特徴】
■風変わりなレトロ風グラフィック
■てごわいくしゃみメカニック
■四季にまたがる4つの世界
■140面で240通の手紙を収集 (伝説によれば、十分な数の手紙を集めると追加の超難易度面が…)
■花粉、スモッグからナッツに至るまでアレルギーによるゲームプレイ!
■驚きのサウンドトラック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク