『ガンロードX』が海外向けとして発売決定!16bitグラフィックスが象徴的な2D横スクロールアクションSTG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ガンロードX (GUNLORD X)』が、海外向けとして発売されることがドイツの開発者NG:DEV.TEAMからアナウンスされました。
販売価格・発売日は未定です。

本作は、2012年にNeoGeo&ドリームキャストの新しいゲームとしてリリースされた、ドット絵による16bitグラフィックスが象徴的な2D横スクロールアクションシューティングゲームです。
Amigaの『タリカン』からインスピレーションを得て開発されています。

9つのステージ、16BITの手打ちグラフィック、8方向スクロールによるノンリニアアクション、巨大なボス戦、常時60fps、コードを使ってのインターネットランキングなどを特徴としています。
上記はオリジナル版の仕様で、Switch版の内容はまだ明らかにされていません。

『ガンロードX』は、今週から開催されているGamescomでプレイすることができます。

スポンサーリンク

オリジナル版 紹介映像


経由:Nintendo Life

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク