Nintendo Switch版『釣り★スタ』は基本プレイ無料タイプではなく売り切り型モデルに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2018年2月2日、モバイルゲームなどを手掛けるGREE(グリー)株式会社が、自社IPの『釣り★スタ』をNintendo Switch向けに発売することを発表しました。

同日、同社は東京都内で決算説明会を開いており、Switch版『釣り★スタ』について言及しています。

まず最初に、コンソールゲームに進出する理由について事業担当の荒木氏が、「(現在の市場が)アプリ単体で勝負はしづらい市場になってきている。マルチプラットフォーム・マルチディビジョンで出口を広げる。」という狙いがあると話しました。
また、IPホルダーがパートナーを選ぶ際に、色々なプラットフォームでゲームを出せることは選択肢として優位性を発揮できるというポイントもあるとのこと。

今回リリースすることが発表された『釣り★スタ』については、「F2P(基本プレイ無料)型ではなく、他のコンソール向けと同様の売り切り型モデルになる。」と話しています。
また、これまでの『釣り★スタ』システムにこだわらず、「Joy-Con」などNintendo Switchならではの楽しみ方ができるタイトルにするとしています。

さらに、今後のタイトルも複数のパイプラインが俎上(そじょう)に乗っているとし、これらについては「プラットフォーム側の意向も踏まえつつ、タイトルごとにF2P型にするのか、売り切り型にするのか考えていく」と述べました。

情報源:Social Game Infoグリー株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク