繁体字&簡体字版の『不思議の幻想郷TOD RELOADED』が発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社セガゲームスが、アクアプラス、日本一ソフトウェア、マーベラス、メディアスケープと提携して、各社が開発した家庭用ゲームソフト計7タイトルを、成長市場であるアジア市場に展開することを発表しました。

対象タイトルは次の通りです。

【対象タイトル】
・『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』(アクアプラス)
・『うたわれるもの 偽りの仮面』(アクアプラス)
・『うたわれるもの 二人の白皇』(アクアプラス)
・『プロジェクト・ナイトメアproject Nightmare(仮称)』(日本一ソフトウェア)
・『閃乱カグラ Burst Re:Newal』(マーベラス)
・『Fate/EXTELLA LINK』(マーベラス)
・『不思議の幻想郷TOD -Reloaded-』(メディアスケープ)

【取り組みについて】
この度の取り組みは、対象のソフトについて、セガゲームスが繁体字・ハングルへの翻訳を行い、子会社や現地パートナーを通じて、当該のアジア地域における宣伝、販売、カスタマーサポートを行うものです。
セガゲームスでは海外での家庭用ゲームソフト販売網の拡充とこれを活用した販売力強化に取り組んでおります。
2016年8月には現地子会社との連携のもと日本のソフトメーカーとしては初めて、台湾での自社開発ソフトの直販を開始したほか、2017年11月にPlayStation4・Xbox One用ソフトを現地企業との共同により、初めて中国本土で発売するなど、展開を強化しています。
また、2017年5月より、日本一ソフトウェアが開発したPlayStation4用ソフト5タイトルについて、アジア地域における販売ライセンスを獲得し、販売を開始しております。
今回の発表は、その取り組みに続くものです。

今後も、自社開発のほか、他社開発や『不思議の幻想郷TOD -Reloaded-』のようなインディーズ(自主制作)の作品を含め、新旧作やプラットフォームにかかわらず、多様なルートを通じて、国産タイトルの海外での販売を推し進め、世界中のより多くの方々に対して日本のコンテンツに触れていただける機会を提供すべく努めてまいります。

Nintendo Switch用ソフトとしては、繁体字&簡体字に対応した『不思議の幻想郷TOD RELOADED』が台湾などのアジア地域で発売される予定です。

【製品概要】
・商品名:東方計劃 不可思議的幻想鄉TOD -RELOADED-(繁体中文字幕)
(日本版タイトル:不思議の幻想郷TOD -Reloaded-)
・言語:繁体中文字幕、簡体中文字幕
・展開国・地域:台湾、香港、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム
・対応機種:PlayStation4/Nintendo Switch
・発売日:2018年
・ジャンル:ダンジョンRPG
・プレイ人数:1人

©Team Shanghai Alice ©AQUA STYLE ©SEGA

スポンサーリンク