『ファイアーエムブレム 風花雪月』の更新データ:Ver.1.1.0が2019年11月8日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』の更新データ:Ver.1.1.0が、2019年11月8日から配信開始となりました。

今回の大型アップデートになっており、さまざまな要素に追加や変更が加わっています。
あわせて、追加コンテンツ第3弾もリリースとなります。

以下、パッチノートです。

パッチノート

■仕様の追加・変更
・セーブスロット数を5個から25個に増やしました。
※セーブスロットの増加に伴い、追加で本体保存メモリーに12MB程度の空き容量が必要です。容量が不足する場合は、ソフトのデータやアルバムの画像などを整理してください。

・特定の兵種時以外でも修道院にいる際の衣装で戦闘に出撃できるように、新しい設定項目「出撃時外見」を追加しました。
※修道院の自室の「モデル切替」から設定することができます。
※衣装・キャラクター・兵種の組み合わせによっては、騎乗兵種時の姿には反映されないことがあります。

・「モデル切替」時、選択メニューを非表示にできるようにしました。

・紅花の章で新たな仲間が加入するようになりました。

・本体言語設定が韓国語の場合、オープニングムービーが韓国語歌唱バージョンになるよう変更しました。

・エキスパンション・パスの「追加クエスト」と「新規衣装(従者の服、夏服、礼服)」を追加しました。
※追加クエストの中には新しいアクティビティである「入浴」が可能になるものや、犬や猫に食べ物をあげられるようになるもの、報酬として新規の騎士団がもらえるものなどがあります。
※追加クエストは散策時、水色のアイコンで表示されます。
※「衣装(従者の服、夏服、礼服)」は主人公と生徒キャラクター用です。修道院の自室で切り替えることができます。

・エキスパンション・パスの追加要素として、EP.3「霧中の叛乱」以降、修道院で「アンナ」をスカウトすることができるようになりました。
※アンナは戦闘やアクティビティに参加させることができます。
※アンナには支援関係はありません。
※アンナをスカウトしていると、特定のエピソード以降、新しい外伝が発生します。
※アンナを留学生に設定することは可能ですが、受け取る側がエキスパンション・パスを購入していない場合は、副官として雇うことができません。
※エキスパンション・パスを購入していない場合、エキスパンション・パスによる追加キャラクターが設定されている留学生は最大一人までしか訪れません。

・トータルわんにゃん贈り物ランキングをオンラインプレイ時のカレンダー画面やロード画面で閲覧可能なランキングに追加しました。
※オンラインプレイのご利用には、有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要です。

■全般
・EP.1「三つの学級」にて、選択していない学級の生徒も仲間になってしまうことがある問題を修正しました。

・Ver.1.0.2以降、EP.1「三つの学級」(ムービー鑑賞リストにおける「学校」)の冒頭で、英語音声設定の場合に、不必要な音声が流れていた問題を修正しました。

・ディミトリの顔のグラフィックが、正しく表示されていないことがある問題を修正しました。

・修道院の散策時に支援値を上げた後、特定の操作を行うと、もう一度支援値を上げないと支援会話イベントが発生しなかった問題を修正しました。

・合唱祭の日に、上向きの矢印が表示されていないキャラクターがいる問題を修正しました。(表示がされていないだけで、今までもボーナスは加算されていました)

・画面遷移時に、本来出ないステージ名称画面が出ることがある問題を修正しました。

・修道院でキャラクターに話しかけた際、まれに操作不能になってしまうことがある問題を修正しました。

・戦闘中に輸送隊を選んだ際、キャラクターのHPが正しく表示されないことがある問題を修正しました。

・副官追撃の発生確率が、支援レベルによっては意図した値より低くなっている問題を修正しました。

・難易度「ルナティック」紅花の章の最終エピソードにて、スナイパーの持ち物をスレンドスピアから銀の弓に変更しました。

・後日談が空白になっていることがある問題を修正しました。

・一部のテキストを修正しました。

・そのほか、ゲームを快適に遊んでいただけるよう、いくつかの問題を修正しました。

※オンライン要素を遊ぶためには最新の更新データが必要です。最新の更新データを適用されていない場合は、通信時にエラーとなりますのでご注意ください。

ニンテンドートピックスでも詳しく紹介されているので、こちらもチェックしてみてください。

情報源:任天堂公式サイト

スポンサーリンク