Nintendo Switchの国内累計販売台数が812万台を突破。PS4&PS4 Proの合算を上回る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミ通調べによる2019年4月29日~5月12日の販売ランキングで判明したように、Nintendo Switchの国内累計販売台数が812万台を突破したことが明らかになりました。
プレイステーション4とプレイステーション4 Proの合計累計販売台数807万7756台を上回り、現行の家庭用ゲーム機ではトップとなっています。

今回の累計販売台数はハード発売から115週目でのものとなります。
参考までに、そのほかのハードの“115週時点”での累計販売台数は、Wiiが781.4万台、プレイステーション3が278.0万台、プレイステーション4が267.7万台になっています。
(※数字はすべてファミ通調べ)

Wiiは任天堂の据え置きゲーム機の中でもっとも販売台数が多いハードですが、Switchの販売はそのWiiを上回るハイペースに。

なお、Nintendo Switchのグローバルでの累計販売台数は2019年3月末時点で3474万台となっていて、さらなる上積みに期待が持てます。

情報源:ファミ通.com