彩京のシューティングゲーム『ドラゴンブレイズ』が2018年4月5日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


彩京のシューティングゲーム『ドラゴンブレイズ for Nintendo Switch』が、2018年4月5日から配信開始となりました。
販売価格は864円(税込)です。

『ドラゴンブレイズ』は、2000年にアーケード用として展開された縦スクロールタイプのシューティングゲームです。
2005年3月31日には、『ソルディバイド (Switchで配信中)』とのカップリングでプレイステーション2にも移植されました。

ドラゴンに乗って魔王軍と戦う、ファンタジーな世界観を特徴としています。

弾幕を主体とした高い難易度が当時話題となり、シューティングゲームになれているユーザーさえも苦戦させました。
あまりの難しさから、現在も賛否両論評価が分かれているタイトルとなっています。
弾幕シューティングゲーム好きな方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

「彩京」復活!!「ドラゴンブレイズ for Nintendo Switch」

-地・水・火・風・そして月と太陽。
4つの魔石と月と太陽の神による魔法均衡は、 結界世界メガリスにかつてない繁栄をもたらし 人々は長い間、豊かで平和な生活を営んでいた。
しかし平和な時代は、 突如現れた魔王ネビュロスと闇の軍勢によって幕を閉じる。

-遥か昔、 世界創造時の神々の大戦でネビュロスは太陽と月の神に破れ、 4つの魔石によって封印されていたが戦争に魔王召喚を行使し、 勝利を図ろうとした国家により封印を開放されてしまう。
現代の世に復活を果たしたネビュロスは、 復讐として月の神の精神を暗黒の力で支配した。
万物の構成を司る月の神は、 次々と人の精神や姿を醜悪なものへと変貌させ、 闇の軍団を創りあげていった。
そしてメガリス全体は かつてない破壊と混沌の渦の中に巻き込まれ始める。
既に太陽の神に向けて闇の軍勢が動き始めた。
これに脅威を感じた太陽の神は、 4人のドラゴンナイトに神々の武具を託し 魔王ネビュロス打倒を命じた。







©2000 Psikyo Produced by Zerodiv Inc.

アーケード版のプレイ動画もあります。

スポンサーリンク