Nintendo Switch版『デビルキングダム』が2019年7月25日に配信決定!『魔界村』などから影響を受けたレトロアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『デビルキングダム』が、2019年7月25日に配信されることがDICO株式会社から発表されました。
販売価格は1,200円(税込)です。

海外では『Eternum EX』というタイトルで配信されていますが、国内でも配信されることになったようです。

本作は、80年代のアーケードゲームからインスピレーションを受けて開発された、レトロスタイルの2Dアクションゲームです。

アーケードゲームの中でも、『ボンジャック(テーカン、1984)』、『魔界村(カプコン、1985)』、『バルバルークの伝説(エイブル、1986)』、『サイキック5(ジャレコ、1987)』から最も強い影響を受けています。

【ゲーム概要】
「デビルキングダム」は、悪魔に全てを奪われてしまった「アーサー卿」が主人公のレトロアクションゲームです。
悪魔の根城『デビルキングダム』に眠る、全ての望みが叶う「秘宝」。
アーサー卿は、先祖代々伝わる「魔法の杖」を手に、デビルキングダムへと旅立ちます。
ステージ内の全ての宝箱を開き、秘宝の場所へつながるポータルを見つけ出しましょう。

昔懐かしいドット絵、ジャンプとアタックのシンプル操作、そして超絶難易度。
全25ステージのレトロアクションゲーム「デビルキングダム」をお楽しみください!



【製品情報】
■タイトル:デビルキングダム
■発売元:DICO株式会社
■発売日:2019年7月25日
■ジャンル:レトロアクション
■プレイ人数:1人
■価格:1,200円(税込)
■対応機種:Nintendo Switch(他機種、開発中)
■CEROレーティング:C(15歳以上対象)
■公式サイト:https://dico-games.com/devil_kingdom

(C) 2018 Radin Games & Flynn’s Arcade.
Published by DICO Games.

スポンサーリンク