『ドラゴンボール ファイターズ』のSwitch版の発売の可能性についてプロデューサーが再び語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ゲームサイトShonengamezに、『ドラゴンボール ファイターズ』プロデューサー・広木朋子さんのインタビューが掲載されています。

本作は、PS4とXboxOneで2018年初頭に発売される予定ですが、Switchでは発売予定がありません。
以前のインタビューで「ファンからの声が大きければ、検討することは可能です。」と広木さんは話していましたが、再びSwitch版の可能性について言及しています。

KS:Nintendo Switchバージョンの『FighterZ』には圧倒的で正気ではないサポートがあります。
あなたはアウトリーチ(Switch版発売へのサポートのこと?)を見たことがありますか? 彼らに何か言いたいことはあるでしょうか?

TH:Switch版に関しては、Switch版『Xenoverse 2』に取り組んでいますので、最初にプレイヤーに遊んでもらいたいです。そして我々は、(Switch版の)『FighterZ』について話すことができます。

と広木さんは話しました。
少なくとも、ファンからの声を無視することはないようです。

なお、ドラゴンボールの海外ファンサイトSaiyan Island‏がTwitterで行っている「Switch版FighterZに興味ある人はリツイートしてください。」というツイートは、<21,669件のリツイート><11,255件のいいね>がされています。

スポンサーリンク