『デスマーチクラブ』あらため『ワールズエンドクラブ』がApple Arcade&Nintendo Switch向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『デスマーチクラブ (Death March Club)』あらため、『ワールズエンドクラブ (World’s End Club)』がApple Arcade&Nintendo Switch向けとして発売されることがイザナギゲームズから発表されました。
まず2020年9月4日にApple Arcadeでリリースされ、2021年春にはNintendo Switch版が登場するとのことです。

本作は、「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛氏(クリエイティブディレクター)、「Ever17」(「infinity」シリーズ)や「極限脱出」シリーズの打越鋼太郎氏(シナリオ&ディレクション)、「Remember11」や「ルートダブル 」の中澤工氏(ディレクター)らが開発に関わる、デスゲームをテーマにしたアクションアドベンチャーゲームです。

アクションとアドベンチャー要素が半分半分くらいで、アクションはパズル要素もあるのでアクション初心者でも楽しめる作品になっているとのこと。

(c)IzanagiGames, Inc. All Rights Reserved.